上質な音楽体験を提供する「iPod touch」

iPodの最新バージョン

iPod touchiPhoneが発売された後、アップル社はiPhoneから電話機能を省いたモデルを発売しました。これはiPod touch(アイポッドタッチ)と呼ばれている製品でした。
携帯電話から電話の機能を取り除くということに対して、少し違和感を感じている方もいるでしょう。しかしiPod touchを発売した意図は、どうやら「iPodの最新バージョンを発売した」ということらしいです。

ちなみにiPhoneの発売が決定した時、iPhoneは「iPodに電話機能が付いた物」と言われていました。iPhoneは、普段から携帯電話を活用している人たち(電話機能を活用している人たち)に対して、iPod製品をアピールした物と言えるかもしれません。
そう考えるとiPod touchもiPhoneも、iPodを軸にしている製品と考えることができます。

iPod

iPodは、気軽に音楽を楽しめる携帯端末です。お気に入りの曲を聞きたいと思ったら、その曲をタップすれば、すぐに再生できます。曲のシャッフルを始め、音量の調節や一時停止など、自由自在に操作できます。
もちろんヘッドホンを繋ぐ事ができます。なので外出先でも乗り物の中でも、音楽を楽しめると言えます。
iPodに曲を入れるには、iTunesを使う事になります。iTunesに曲をダウンロードしたり、自分が持っているCDの曲を入れたりして、iPodとリンクさせる事ができます。
iPodを活用を使えば、日常生活で「より一層音楽を楽しめる」でしょう。

iPhoneの姉妹版

iPod touchは、iPhoneの姉妹版と言えるかもしれません。初期のiPod touchは、iPhoneから通話機能やカメラ、SMS、スピーカーなどを取り除いた物と言えるからです。
携帯電話ではありませんが、メールなどの機能は付いています。なので、コミュニケーションを取る事もできます。

すでに「電話できる携帯端末」を持っている人は、iPod touchがあればiPhoneを買う必要がないように思えます。とは言ってもiPhoneなら快適にウェブ閲覧ができたり、パソコン用のメールアドレスが使えたり、iTunesによってパソコンのデータと同期できたりします。これらの機能は、コンテンツの管理をより便利にしてくれます。

ただし、iPhone特有の機能に対してあまり魅力を感じない人は、iPod touchを選ぶという選択肢があるでしょう。iPod touchの本体は、小さくて「かわいい感じ」です。こんなに小さいけれど、音楽再生機能や静止画表示機能など、必要な機能が備わっています。

スマートな音楽体験

「まずは、曲をダウンロードしてみよう」
 

iPod touchを手に入れた人の多くは、そう思うでしょう。iTunes Storeから、最新のアルバムはもちろん、お気に入りのアーティストの曲もダウンロードできます。曲名やアーティスト名で、どんどん検索してみましょう。
検索して見つかった作品を選択すれば、その作品の内容が表示されます。アルバムの場合は、収録されている曲目が表示されます。曲については、試聴できます。購入する前に一度聴いておけば、お気に入りの曲をしっかりと購入できるでしょう。

金額については、アルバムの場合はアルバム単位の金額になります。曲の場合は、曲単位の金額になります。表示された金額をしっかりと確認して、購入してください。

ダウンロードというスマートな方法で音楽を買える、

「この便利さ」を、ぜひ体験してください。

音楽データを管理できるクラウドサービス

近年クラウドサービスという言葉を、よく聞きます。このサービスは、音楽プレーヤーからも利用できるようになっています。そしてiPod touchに対しても、クラウド上にあるデータを利用できるサービスが提供されています。他の音楽プレーヤーやパソコン、タブレット端末の間で、クラウド経由で双方向にデータを同期できます。

よってクラウド上のオンラインストレージサービスで、音楽データを管理できます。これは、かなり便利と言えます。音楽データについては、ネット上から購入できるサービスが以前からあります。つまり音楽をネットで購入して、ネット上で管理できます。複数の端末を使い分けて、自分が所有している音楽データを聞く場合ネット経由のほうが管理しやすいです

ちなみに、クラウド上のオンラインストレージサービスは有料の場合が多いようです。月単位や年単位で、利用料金を支払う事になります。自分に合った、コストパフォーマンスの良いサービスを選び、利用すると良いです。