美白の効果を期待できる、イオン導入の美顔器

イオン導入の美顔器

美白ケア

美顔器を使えば、自宅で簡単に「お肌のケア」ができます。
イオン導入を取り入れた家庭用の美顔器で美白ケアを行なうことが、人気ということです。なので、イオン導入の美顔器が多くのメーカーから発売されています。

有名な無添加化粧品メーカーなどからも、そのような美顔器が発売されているそうです。美白美容液を効果的に肌に浸透させるというイオンケアを行なえます。その美白美容液には、肌に良い成分であるビタミンCやミネラル分が多く含まれています。
通常の洗顔やスキンケアよりも、一歩進んだ美白効果を体験できるでしょう。

そんな状況より、美顔器を使った美白ケアが注目を集めています。
ケアが短時間で済む、という特徴を持っている美顔器があります。例えば一回のケアが「たった15秒」でできる物もあるそうです。これなら毎日続ける時に、時間が掛かって面倒だったと思っていた人も、続けられると思います。

イオン導出クレンジング

多くのイオン導入美顔器には、プラスの電力で「汚れ」を落とす「イオンクレンジング」という機能が付いています。普通の水で、その機能を使えます。

そのようなイオン導出クレンジングができる美顔器なら、週に一回ほどのクレンジングで肌表面に付着した「汚れ」を除去できます。そうすることでイオン導入が、より効果的になります。
効果的に、肌にビタミンCを届けられるので、ハリがある美白な肌になれるでしょう。

イオン導入の技術

プラス・マイナス

マイナス電極のイメージ画像

イオン導入の技術は、注射針を使用しない局部麻酔に使用されて、歯医者や皮膚科などで実用化されてきました。

注射針を使わずに、どのように麻酔として使っているのでしょうか。
イオン化した麻酔液(マイナス)を肌に塗り、そしてマイナスの電極を当てます。
するとマイナス同士が反発し合います。そして薬物が肌内部を突き抜けて、奥へと浸透して行きます
これがイオン導入です。この方法で浸透させると、普通に塗るのに比べて30倍から50倍以上の効果があるそうです。

フェイシャルエステで行なわれる施術の中にも、イオン導入という「シミ」や「くすみ」に効果的な施術があります。イオン導入とは、皮膚に「ごく微弱な電流を流すこと」によって、ビタミンCなどの浸透率を良くする施術法です。

イオン導入なら、水溶性の薬物や美白成分であるビタミンCなどをイオン化させて、皮膚の奥深くにまで浸透させることができます。
ビタミンCには、「メラニンの生成を抑える働き」があります。お肌の奥にまでしっかり浸透すれば、シミやソバカスを効果的に防げます。

ちなみに「このイオン導入」は、ニキビ跡の治療方法としても利用されています。イオン導入とビタミンC誘導体のような有効成分とを組み合わせることで、ニキビ跡の改善に効果を期待できるそうです。

よってビタミンC誘導体のイオン導入を行なえば、お肌はプリプリでモチモチということです。このイオン導入では微力な電気の力で美容液の成分を、より奥まで浸透させます。そして肌の再生力(ターンオーバー)を、整えられます。

現在では家庭用のイオン導入美顔器が、とても進歩しました。自宅でも、エステと同じような技術でイオン導入できるようになりました。

なお、普通に化粧水や乳液を皮膚につけた場合は、皮膚の表面にはバリア機能を持つ角質層があるため、浸透率は良くありません。
あと、よく耳にするヒアルロン酸やアスコルビン酸は、イオン導入により肌に浸透することはありません。念のため、覚えておきましょう。

肌に美容液を浸透させる美顔器

「シミ・そばかす」の原因・メラニン色素の増加

天気が良い日に外出すると、結構「日焼け」が気になります。そんな時は「日焼け止め」をしっかりと塗って、帽子を被って日傘をさすなど、日焼け対策を行なうほうが良いです。

外で紫外線を浴びると、肌は有害物質によって侵害されます。その侵害を防ぐために、肌はメラニン色素を増やします。これは肌が防衛のために行なうことですが、メラニン色素の増加は、「シミ・そばかす」の原因です。

ちなみに肌(皮膚)の新陳代謝(ターンオーバー)が活発なら、増えてしまったメラニン色素は排出されて浄化されます。ですが「疲れ」や「乾燥」により新陳代謝が活発でない場合は、メラニン色素がシミとなって肌に残ってしまいます。
シミを作らないためには新陳代謝を活発にして、肌自身の力でメラニンを排出させる事が大切です。

美顔器を使う「お肌ケア」の中には、メラニンの生成を抑える効果がある「ビタミンC誘導体の美容液」を、肌に浸透させる方法があります。

「肌の新陳代謝を活発にさせる事」
「ビタミンC誘導体の美容液を、肌に浸透させる事」

この二つの方法で肌を「お手入れ」すれば、紫外線を浴びてしまった肌でも、透き通るような綺麗な肌に戻す事ができるでしょう。

とても役立つ「イオン導入の美顔器」

ビタミンC誘導体の美容液を肌に浸透させる際、

とても役立つ機器と言えば、「イオン導入できる美顔器」です。

顔の手入れ

なお、イオン導入の美顔器を使う場合は、主にビタミンC誘導体を使用している美容液を使うことになるでしょう。

そんな「ビタミンC誘導体の美容液」にも、最適と言われている物があります。それは「リン酸型」と呼ばれている物です。

最適な美容液・リン酸型

ビタミンC誘導体には、大きく分けると「リン酸型」と「グルコシド型」の二種類があります。この二つのうち、イオン導入に最適な物は「リン酸型」です

ですが、ビタミンCが含まれている化粧品の多くでは、「グルコシド型」のビタミンC誘導体が使われています。なぜかというと、「グルコシド型」は「リン酸型」に比べて価格が安いからです。
「リン酸型」の物は、価格が高いです。よって「リン酸型」のビタミンC誘導体を使っている美容液は、どうしても価格が高くなってしまいます。

だけど、せっかくイオン導入を行なうのなら、イオン導入に最適な美容液を使うほうが良いです。なのでビタミンC誘導体の種類として、表示名に「リン酸」という文字がある物を選ぶようにしましょう。
美顔器の種類に「こだわる」よりも、最適と言われている美容液を選ぶほうが、肌への効果を充分に期待できるからです。

美白な肌を実感しましょう

イオン導入美顔器の一番の特徴は、やはり化粧水や美容液の浸透力をアップしてくれることでしょう。
いつものように化粧水をつけた際、肌のバリア機能によって化粧水の全てが肌に届きません。ですがイオン導入美顔器を使用した際、化粧水が肌の奥まで届くそうです。肌の奥まで届いた化粧水は、その本来の力を発揮できるという訳です。

優れた美顔器と良質な美容液を使って肌の「お手入れ」をすれば、エステサロンに負けないくらいの美白効果を実感できるかもしれません。ぜひ頑張りましょう。