日本人が大切にしてきた石・翡翠(ひすい)

翡翠の原石翡翠(ひすい)について、お話したいと思います。
翡翠は「純粋さ」と「平穏」の象徴とされていて、古くから日本人が大切にしてきた石の一つです。古代遺跡から、翡翠の勾玉(まがたま)などが発掘されています。
また、世界の各国でも愛されてきた石と言えます。金やダイヤよりも価値が高い、とされたこともありました。
その色は、「東洋のエメラルド」と言われるほど美しい緑色です。一般的には緑色の物が有名ですが、他にも赤や黄、オレンジやピンク、紫などの物もあり、種類は豊富です。

翡翠という石は、それほど硬度が高い石ではありません。しかし耐久性が高い物なので、割れにくい石です。ただし、硬度の高い石と擦りあわせると傷つきます。注意してください。

石を選ぶ際に注意する点としては、美しい色に染色している物があります。なぜなら色が美しい物ほど、価値が高くて値段も高額になるからです。それに似せるために、染色している物があります。気をつけましょう。
実際に品質の高い物は、「ジェイダイト」と呼ばれている物です。ミャンマー産の半透明でエメラルドグリーンの石です。

浄化方法においては、特に気をつけることはありません。日光浴や月光浴、水での洗浄、水晶での浄化、どれでも可能です。

言われている効果

その効果としては、魔除け・厄除け、交通安全、ヒーリング、幸運を呼ぶなどがあります。
翡翠はパワーが強いとされているため、「魔除け」や「厄除け」、交通安全などの「お守り」として、効果を発揮するとされています。日本で発掘された勾玉(まがたま)も、護符として使用されていたそうです。

翡翠は、五徳(仁・義・礼・知・信)をもたらすとも言われており、教育者や会社経営者、宗教に携わる人などに人気があります。
そんな翡翠は成長や繁栄、成功をサポートする効果を持っていると言われています。特に、仕事上の成功を願っている人に「お守り」として用いられています。

また、健康面についても効果を発揮します。体内の老廃物を除去することを助けて浄化する、という作用があると言われています。健康に気をつけたいと願っている人に、おすすめです。
翡翠は、ほとんどの人に対して効果がある石と言われています。なので贈り物として最適なパワーストーンの一つです。