日本語を教える仕事の資格・日本語教育能力検定

日本語の「ひらがな」日本語教育能力検定に関する話題を、お話したいと思います。
外国の方と接する仕事の一つとして、日本語を教える仕事があります。日本語教師という職業は、主に外国人に対して日本語を教えることが仕事です。
私たちが普段から話している日本語を教えることは、そんなに難しい仕事ではない、そう思う人がいるかもしれません。ですが日本語教育というのは、とても難しい仕事と言われています。
あと、日本語を知っているだけでなくて、外国人との接し方や習慣に対する理解も必要になってきます。

以上のことより日本語教育能力検定の試験レベルは、とても高いと言えます。そして広い範囲から出題されます。
日本語教育能力検定の受験者の中には、海外生活の経験があり、そのうち海外での就職を希望している人が多いです。教える言葉は日本語だけど、外国人に日本語を教える際、海外留学などの海外生活の経験が役立つ。そう考えている人が多いためでしょう。
もちろん海外での生活経験がなくても、この資格を取得できます。しかし、やはり外国人に対する深い理解力が必要とされます。

資格を取得して海外で働くには、公的機関または民間教育機関から派遣されて働くことになるでしょう。働く主な地域は、アジア・オセアニアとなるでしょう。現地の語学学校で日本語を教えるという仕事が、一般的になります。
なお、国内の日本語学校では、日本語教師の養成講座を併設しています。日本語教師は、この学校の卒業生から採用する場合がほとんどだそうです。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム