古風な雰囲気を演出する、和風のアンティーク家具

古き良き時代の家具

家具を見ると、その人の「生活ぶり」がわかるという意見があります。家具選びには、「その人の好み」が反映される事が多いからです。つまり、その人がどんな風に暮らしているのか、知る事ができると言えます。

アンティークな家具においても、同じような事を言えるでしょう。古い家具が使われていた歴史の背景を、感じ取る事ができるからです。
もしかしたら、アンティーク家具が好きな人は古き時代も好きなのかもしれません。情報化社会と言われている現代社会とは違った、古き良き時代に何か惹かれるものがあるのかもしれません。

新品の家具に負けないくらいに、歴史を感じられる家具は素敵だと思います。たまには、アンティークショップを訪れてみましょう。伝統ある逸品に出会えるかもしれません。

和風のアンティーク家具

アンティーク家具と言うと、海外の物に注目が集まりがちです。しかし実は、日本のアンティーク家具も結構人気が高いです。

日本のアンティーク家具のイメージとしては、一昔前の「おばあちゃんの家」を思い浮かべていただくと良いと思います。和風で古風な雰囲気を持つ家具と言えます。

昔の「たんす」和風の家具に対して、ちょっと冴えないイメージを持っている方がいるかもしれません。ですが、部屋全体を「和のアンティークに統一する」と、魅力的で「おしゃれな感じ」を演出できます。
近年人気がある和風モダンなインテリアを、取り入れても良いです。現代の新しいインテリアでも、和風なデザインなら古い物と合います。

日本人なら和のアンティーク家具にも、ぜひ関心を持ってもらいたいです。部屋の中に和風のアンティーク家具を置くと、なかなか「いい感じの部屋」になると思います。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム