クラス名の付け方・Javaソースコードの書き方

名札

名前を示す・イメージ画像

クラス名を名詞にすると、クラスの役割を「分類している感じ」がします。よって、わかりやすいと思います。

例えばMIDIシーケンスを作成する、というクラスの名前について、
「作成する・Make」を「作る人・Maker」という名詞にして、名前を付けます。
例:
MidiSequenceMaker クラス。
「MIDIシーケンスを作る人」クラス。

動詞のメソッド名

クラス名を名詞にした場合、クラスのメソッド名を動詞にすると、クラス名とメソッド名が一つの文のように「まとまった感じ」になります。

次のようなメソッド名の場合、
saveMidiFile( … )メソッド。
「MIDIファイルを保存する」メソッド。

「クラス名とメソッド名の繋がり」は、次のようになります。
MidiSequenceMaker . saveMidiFile( … )
「MIDIシーケンスを作る人」が、「MIDIファイルを保存する」。

名詞(主語)+ 動詞(述語)となり、一つの「文のような感じ」がします。少し強引な意見かもしれませんが、「英語の一文のような感じ」となります。

※この記事は、2003年6月当時の記事になります。

コンピューター
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム