クラス名にパッケージ名を含める事・Javaソースコードの書き方

クラス名にパッケージ名を含める事

もしもクラス名にパッケージ名を含めなくても、クラス名が表す意味がわかりやすい場合は、クラス名にパッケージ名を含めないほうが良い、と思います。

クラス名にパッケージ名を含めると、クラス名自身がパッケージ名の情報も持つことになります。
ですがそのように、クラス名自身がパッケージ名の情報も持つことについて、利点がある場合はそれほど多くないと思います。それほど意味はなく、単にクラス名が長くなっただけ、という場合が多いと思います。

名前の付け方の例

掲示板例として、掲示板プログラムのログイン処理をするクラス名について、名前の付け方を考えます。

「パッケージ名」で、「掲示板という情報」を示します。
「クラス名」で、「ログイン処理という情報」を示します。
次の2通りのクラス名を考えます。

クラス名その1board . LoginAction「掲示板」の「ログイン処理」
クラス名その2board . BoardLoginAction「掲示板」の「掲示板ログイン処理」

通常は(その1)の掲示板ログイン処理で、わかりやすいと思います。
(その2)のように、掲示板掲示板 …… という風に、繰り返す必要は少ないと思います。

よってログイン処理のクラス名に、掲示板というパッケージ名を示す単語Boardを含めず、LoginActionだけで良いと思います。

もしもプログラム中で、ログイン処理だけでなくて、「掲示板ログイン処理」という風に、掲示板を強調した書き方をしたい場合は、パッケージ名とクラス名を書けば良いと思います。
例:
board . LoginAction action = new board . LoginAction();

パッケージ名を含めている例

もちろんプログラムを書く人が、クラス名にパッケージ名を含めたほうが「わかりやすい」と判断した場合は、クラス名にパッケージ名を含めても良いと思います。

以下、クラス名にパッケージ名を含めている例です。

javax . servlet . http . HttpServletRequestサーブレットの「http」の「Httpサーブレットリクエスト」

※この記事は、2004年7月当時の記事になります。