メソッド内に通知する例外処理・Javaソースコードの書き方

メソッド内に例外を通知

例外が発生した場合、その例外をメソッド内に通知する書き方があります。
発生した例外を、メソッド内で対処したい(解決したい)場合の書き方です。

「例外処理の流れ」は、次のようなイメージです。
赤線が「例外処理の流れ」を示します。
catch文で、例外の対処をします。

例外処理の流れ

「この例外処理の流れ」は、水平に右方向に行き、そして下方向に行きます。
水平に右方向に行く点が、「正常処理の流れ」と違います

例外の対処(解決処理)は、メソッド内のcatch文に書きます。
同じメソッド内に「発生した例外」と「その対処」が書かれているので、「例外処理の流れ」を理解しやすいと思います。
try文とcatch文の距離が近いほど、「例外処理の流れ」を理解しやすいでしょう。

例外処理の例

実際のメソッドについて、例外処理の例を示します。
ここではまず、赤線を見てください。
プログラムの詳細を理解する必要は、ありません。

例外処理の例

例外は、「ファイルが見つからない」という例外です。
次の文で、その例外を通知します。
throw new Exception(“not found file name = ” + fileName);

例外の対処は、「ファイルを読み込むことができません」というエラーメッセージを、画面に表示することです。
次の文で、そのエラーメッセージを表示します。
window.showErrorMessage(fileName + jp.Resource.get(“canNotReadFile”));

同じメソッド内に、

  • 「ファイルが見つからない」という例外と、
  • 「エラーメッセージを表示する」という対処が

書かれています。よって「例外処理の流れ」を理解しやすい、と思います。

※「異常処理の流れ」について。
以前の「異常処理の感想」について、異常が発生した地点から右上方向に伸びている線のような感じ、という事をイメージできなかった、という感想をいただきました。
なので異常処理について、少しでもイメージできるように、新規に感想を書きました。
項目名も、例外処理に変えました(2002年10月)。

※この記事は、2004年6月当時の記事になります。

コンピューター
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム