サブクラス名・Javaソースコードの書き方

名前

名前を示す・イメージ画像

サブクラス名の付け方についてです。
サブクラス名の付け方の例として、サブクラス名を
「サブクラスの役割名 + スーパークラス名」
にすると、わかりやすいと思います。

名前の付け方の例

以下にサブクラス名の付け方について、例を書きます。

public class PostAction extends Action {
    ....
}

この場合、スーパークラス名はActionです。
このアクションという名称は、ユーザのマウス操作などに対する処理を行なうことを、示しています。
参考:java.awt.event.ActionListenerのActionと似ている、と思います。

サブクラスの役割名は、Postです。
これは、投稿(メッセージ投稿)という役割を示します。

サブクラス名を「サブクラスの役割名 + スーパークラス名」とすることによって、投稿に関係するマウス操作の処理を行なうクラスだろうと、推量できるでしょう。

参考:ここではPostという単語が、掲示板に「メッセージを投稿する事」を示すと考えました。ですが実際の英会話で、そうであるかどうか、よくわかっておりません。

※この記事は、2003年6月当時の記事になります。

コンピューター
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム