健康食材の一つ、トマトを使ったジュースを飲みましょう

健康食材トマトのジュース

トマトジュース成人が一日に必要な野菜の量は、約350gと言われています。しかし現代人の生活スタイルでは、必要な量だけ野菜を取る事は難しいでしょう。

手軽に野菜の栄養素を取る方法としては、サプリメントや野菜ジュースなどがあります。例えば、野菜ジュースの種類は豊富です。多くの野菜をミックスした物や果物とミックスした物など、たくさんあります。

その中の一つに、トマトジュースがあります。その取り方には、直接飲んだり、スープや煮込み料理に使ったりする取り方があります。

トマトの赤い色は、カロテノイドという色素の一種であるリコピンの色です。

このリコピンには、ガンなどの発生を抑える抗酸化作用を期待できます。そして悪玉コレステロールの抑制、抗アレルギー効果なども期待できます。

なお、リコピンの量については、加工用トマトは生食用に比べて豊富だと言われています。よって、トマトジュースにもリコピンが濃縮されている事になります。

お肌に良い、トマトのリコピン

食材のトマトはリコピンという成分を含んでいるため、お肌にも良い食材と言われています。リコピンは抗酸化力が強くて、紫外線から肌を守ってくれる効果を期待できるからです。
ご存知の通り、肌が紫外線をたくさん浴びると皮膚細胞の遺伝子が傷ついてしまう、と指摘されています。美肌を目指す方にとっては、肌の紫外線対策が重要と言えます。皮膚細胞の遺伝子が傷つく原因は、過剰な紫外線を浴びる事で皮膚の免疫力が低下して、活性酸素が発生する事です。活性酸素が皮膚細胞の遺伝子を傷つけます。

一般的に抗酸化力のある食材を食べる事は、活性酸素が増えるのを防ぐ事に繋がります。抗酸化力のある成分は、β-カロチンやビタミンC、ビタミンEそしてリコピンです。トマトはリコピンとビタミンCの両方を含んでおり、お肌に良い食材と言えます。

高血圧対策として活用できるトマト

メタボ検診でのメタボかどうかの判断基準は、お腹周りの測定値だけではありません。血圧や血液検査の診断結果も判断基準となっています。
例えば高血圧だと、その分メタボであると言われてしまう可能性が高くなります。

高血圧を改善したいと思っている方は多いです。そして、食事を減塩食に変えたりウォーキングを始めたりして、血圧を正常な値に戻そうと努力している方も多い、と聞きます。ですが、なかなか血圧を改善できないと聞きます。

個人的に実行できそうな血圧の改善策の一つに、カリウムを積極的に取って行くという方法があります。

例えばトマトやバナナには、カリウムが多く含まれています。

このような食品を食べるようにすると、高血圧の改善に繋がるかもしれません。

なお、トマトについては、野菜のトマトもあれば、無塩タイプのトマトジュースもあります。食べやすい物を選ぶと良いです。

ダイエット効果を期待できるトマト酢

ダイエット効果があると期待されている健康ドリンクの一つに、トマト酢があります。その名称からわかるように、トマトジュースと酢を混ぜて作ったドリンクです。トマト酢という飲み物は、自分で簡単に作れますし、適切に調合された市販の物もあります。

このトマト酢を就寝の1時間前に飲んでから寝た人の中には、成長ホルモンが通常よりも多く分泌されたという報告もあります。

成長ホルモンには「体内にある脂肪酸を燃焼させる働き」があり、ダイエットの効果を期待できます。

トマト酢の味は、すっぱい事が多いようです。人によっては、やや飲みにくい飲み物と言えるでしょう。
どうしても「トマトの味」や「お酢の味」が苦手なら、無理して飲むのをやめましょう。ですが味を気にせず飲めるなら、トマトの栄養を全て取れる飲み物なので、健康飲料として毎日トマト酢を飲みましょう。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム