胸を大きくしたいなら、バストアップのツボを押してみましょう

バストアップを望んでいるなら、豊胸の効果を期待できるツボをマッサージすると良いかもしれません。
バストアップに効果があると言われているツボで有名なのは、渕腋(えんえき)、天渓(てんけい)、檀中(だんちゅう)というツボです。
これらのツボを押すと血行が良くなり、女性ホルモンの分泌量が増えて、乳腺の発達が良くなると言われています。
なお、すぐに効果が出るわけではありません。定期的にツボを押すことになります。

※ツボの場所は、記事の最後にあるイラストを参考にしてください。

渕腋

バストアップを期待できるツボの一つに、「渕腋(えんえき)」があります。
腋の下にある「渕腋」というツボは、乳頭から腋に向かって約10cmの部分です。ここを押すと、「強い痛み」を感じるようです。

このツボを刺激することは、血行促進に効果的です。それがバストを刺激して、バストアップにも良い効果を期待できます。
ただしツボを刺激する際は、力を入れ過ぎないように注意してください。

天渓

「天渓(てんけい)」というツボは、バストアップと関係がある乳腺の発育に関係しているツボです。

このツボは、バージスラインと呼ばれている乳房の輪郭線の脇にあります。
乳房を持ち上げて、親指を横にしてツボに当てます。親指を胸の中心に向かってゆっくりと移動します。この動作を左右のツボに対して同時に行なってください。

檀中

「檀中(だんちゅう)」というツボを刺激すると、女性ホルモンの分泌に影響を与えて、バストアップに効果的だと言われています。

この檀中というツボの場所は、左右の乳首を結んで「その中心」に当たる胸骨の部分です。押さえてみると「少し痛い」と感じる部分が、そのツボの位置になります。

そのツボの位置を、左右両方の人差し指と中指を重ねるようにして刺激してください。
そして上半身を「前かがみ」にして、そのままの状態でゆっくり息を吐きます。吐き終わったら、元の姿勢に戻ってください。

このような動作を、何回か繰り返します。これで、バストアップの効果が出てくるとされています。

体の前側のツボ
渕腋(えんえき)青い丸印・天渓(てんけい)緑の丸印


タイトルとURLをコピーしました