【まとめ記事】体の健康のために、美味しい水を用意する

のどが渇いた時、天然水をごくごく飲むと、生き返る!

ミネラルウォーターなど、美味しい水は体の健康に良いものです。

毎日、清潔で安全な水を飲んでいたら、きっと元気が出ます。

美味しい水

美味しい水
美味しい水

一般的にミネラルウォーターという名称は、ペットボトルで売られている清潔で安全な水の名称です。

水の名称には、他にもたくさんあります。

  • 水道水
  • 井戸水
  • 雨水
  • 地下水
  • 天然水
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • バナジウム水
  • 海洋深層水
  • ボトルウォーター
  • RO水

このように、さまざまなものがあります。

これらの水については、殺菌処理をしたりなど適切に衛生管理されていれば「どれも美味しい水」として、飲めます。

体の健康のためにも、ぜひ美味しい水を飲みましょう

ミネラルウォーター

かつて「ミネラルウォーター」は、ウイスキーの水割りにしか使われていませんでした。

しかし今では、清涼飲料水の1つとして扱われています。
様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

  • 「ナチュラルミネラルウォーター」とは、地中のミネラルが溶け込んだ地下水のことです。
  • 「ミネラルウォーター」とは、土壌に含まれているミネラルが溶け込んだ地下水のことです。
  • 「ナチュラルミネラルウォーター」と「ミネラルウォーター」の違いは、製品を製造する際に施される処理に違いがあります。
    「ミネラルウォーター」では、品質を安定させるためにミネラル分を調整しています。
  • 「天然水」とは、溶け込んだミネラルが少ない地下水のことです。
  • 「ボトルウォーター」は、すぐに飲める水です。水の処理方法については、限定されていません。

美味しかった、ミネラルウォーターから作ったアイスコーヒー

特に、とても暑かった夏の日、冷水やアイスコーヒーなどをたくさん飲みました。

猛暑と言われた夏を乗り切れたのも、冷たくて美味しい水のおかげだったと思います。

コーヒーが好きなので、毎日アイスコーヒーを作って飲んでいました。
冷水には、天然水のペットボトルを使っていました。

個人的な感想になりますが、ミネラルウォーターと呼ばれる水から作ったアイスコーヒーは、美味しかったです。

元々は地下水だったミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、元は地下水です。 地下水を殺菌したり加熱したりして、その後にミネラル成分を加えた水になります。

軟水

水の硬度は、マグネシウムとカルシウムを足して算出します。

マグネシウムやカルシウムを多く含む水は「硬水」と呼ばれます。硬度が高い水です。

逆に、マグネシウムやカルシウムが少ない水は、硬度が低いので「軟水」と呼ばれます。

硬水はマグネシウムを多く含んでいるため、「苦味」や「硬さ」を感じることがあります。

軟水は苦味はなく甘い味わいです。

硬水と軟水の特徴を知り、飲み物や料理に合った水を使うと良いです。

軟水については、マイルドなコーヒーを作りたい場合に向いています。
他にも軟水は、焼酎やウイスキーの水割り、緑茶などの日本茶にも適しています。

料理については、軟水は

  • ご飯を炊く時に使う、
  • だし汁を取る際に使う、
  • 野菜を煮るのに使う、

以上の場合で適しています。

飲み物の「香り」と「味」を楽しめる軟水

軟水を使うほうが、「コーヒー」や「お茶」の香りを楽しめます。 そして軟水は「まろやかな味」だから、飲み物をおいしくいただけます。

アルカリイオン水

健康維持を考えて、毎日飲む水にも気を配る人が多くなっています。

アルカリイオン水は、手軽に飲める健康飲料の一つです。
その名の通り、アルカリ性の水です。

アルカリイオン水の良い点は、いくつかあります。

アルカリイオン水の飲用は、

  • 「胃腸の働き」を良くして、
  • アトピー性皮膚炎の緩和にも効果がある、

という意見があります。

※効果はない、という意見もあります。

また、

  • 脂肪肝や骨粗鬆症にも効果がある、

と考えられています。

※アルカリイオン水は薬ではありません。その点、気をつけておきましょう。

料理で使う場合

昆布の「うま味成分」は、弱酸性のグルタミン酸です。

アルカリイオン水を使用することで、グルタミン酸がより多く水に溶け込むと言われています。
つまり、「昆布のだし」がよく取れると言うことです。

同じ理由で、パンがふんわりと仕上がります。
緑茶も同様で、色が濃い「お茶」になると言われています。

飲み水にこだわるなら、アルカリイオン水

アルカリイオン水という、マイナスイオンだけを集めた水があります。 アルカリイオン水は胃腸の調子を整える、と言われています。

RO水

逆浸透膜(Reverse Osmosis膜)は、海水を真水に、硬水を軟水に変えることができる膜です。
この膜を通した水をRO水と言います。

日本では、逆浸透膜を用いた浄水器を使用している家庭は、まだまだ少ないようです。
日本の水は品質が良いので、逆浸透膜を用いた、高品質な浄水器は必要ないと言えます。

しかし、昨今の健康志向から、できるだけ良質な水を手に入れたいと考える人は多いです。

そんな方は、ぜひ逆浸透膜を用いた浄水器を使ってください。

逆浸透膜を用いた浄水器は、以下の物質を除去できます。

  • 細菌やウイルス
  • 塩素、トリハロメタン
  • 鉛、赤錆
  • ヒ素、フッ素、ホウ素
  • 硝酸

水道水に微量に含まれているとされる、以上の物質を除去できます。

つまり、限りなく清潔で安全な水を手に入れることができます。

逆浸透膜の浄水器で作る、安全なRO水

RO水は、水の中に不純物がほぼない水です。 RO膜を通過した水なので、細菌やウイルスなどが除去されています。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーをレンタルまたは購入した場合、どんな利用方法があるでしょうか。

以下に、ウォーターサーバーを活用するためのヒントを書きたいと思います。

まず指摘しておきたいのは、何でもかんでもウォーターサーバーの水を使うのは得策ではない、ということです。

なぜなら、有料のミネラルウォーターを使っているからです。
例えば、洗濯や掃除に使うのは不経済です。

ウォーターサーバーの使用は、基本的に体内に摂取することを目的としたものに限定してください。

最もわかりやすい利用方法は、飲料水としての利用です

水そのものを飲むだけでなく、コーヒーなどの飲み物を作る用途にも使うと良いです。
コーヒーや紅茶を入れるなら、すぐに「お湯が出る」という利点を活かせます。

電気ポットの「お湯」を使うよりも、安く済ませられると思います。
日頃からコーヒーを飲んでいる方なら、ウォーターサーバーを使うほうが重宝します。

あと、温水だけでなく、冷水がいつでも使えることもとても快適です。
冷たい飲み物を、すぐに用意できます。

飲み水環境を快適にする家庭用ウォーターサーバー

家庭用ウォーターサーバーは、冷水から温水まですぐに作れます。 そして天然水だから、美味しい水です。

ウォーターサーバーのメリット、デメリット

メリット:自宅で美味しい水を使えること

ウォーターサーバーのメリットと言えば、水が美味しいことです。

メーカーによっては、世界一の名水と言われる日本各地の天然水を提供しているところもあります。

例えば、ウォーターサーバーの水で入れたコーヒーは、水道水で入れたコーヒーよりずっとまろやかで美味しいです。

その違いに感動して、ウォーターサーバーをずっと使っている「ご家庭」も多いようです。

コーヒーだけでなく料理にも使えるので、今までと同じ料理を作っても違いを味わうことができます。

自宅で使える水で、これだけ美味しいのはありがたいです。
ちょっと贅沢な気分になれます。

デメリット:水の料金

ウォーターサーバーは、有料で水を提供するサービスです。

よって、水の代金がかかります。

ウォーターサーバーの利用料金は、水の品質や、サーバー本体が無料か有料かによって異なります。

そんなに高額な料金ではないけれど、家庭で使う水に対して、そこまで「お金」をかけたくない、という方もいるでしょう。

ウォーターサーバーの水が高額に感じる場合、それはデメリットに思えるでしょう。

購入する前に知っておきたい、ウォーターサーバーのメリット、デメリット

ウォーターサーバーのメリットには、熱湯から冷水まで、さまざまな温度の水を作れる点があります。 ウォーターサーバーのデメリットには、置き場所を取る点があります。 …

浄水器

浄水器とは、水道から出る水を浄化する装置です。

浄水器を使うと、水道水に含まれている以下の物を減らせます。

  • 有機物
  • 次亜塩素酸などの化合物
  • 金属イオン
  • 微生物

実際のところ浄水器がなくても、日本の水は安全でそれなりに美味しいです。
ただし、不純物のない、安全で美味しい水を飲みたいかもしれません。

細かいことを言うと、日本の飲み水の中には、
人体に害を及ぼす可能性が低い化学物質が存在する、
とも言えます。

気にし過ぎかもしれませんが、わずかでも体内に化学物質を入れたくない、という人もいるでしょう。
特に、新生児や小さなお子さんがいるご家庭では、そう思ったりするようです。

水道水に含まれている塩素などの化学物質を少しでも除去できれば、もっと安全で清潔な水を飲むことができます。

それに、水は毎日飲むものです。
だから、ほんのわずかでも、化学物質が毎日ずっと蓄積されたらどうなるだろう、と考えてしまいます。

浄水器がなくても水は飲めますが、浄水器を利用するほうが安全で健康的と言えます。

浄水器を使って、水道水からミネラルウォーターを作りましょう

浄水器を使って水道水を綺麗にしたら、ミネラルウォーターと同じような水になります。

ウォーターサーバーと浄水器の併用

水と健康に関する意識の高まりから、ウォーターサーバーや浄水器を導入する家庭が増えています。

ウォーターサーバーでは、玄関先まで宅配される水を使います。
浄水器では、カートリッジで浄化された水を使います。

美味しくて清潔な水を飲みたい場合、ウォーターサーバーと浄水器を共に使って良いです

例えば料理の際、綺麗な水をどんどん使いたいなら、浄水器の水を使うほうが費用は安いと思います。

改めて、ウォーターサーバーと浄水器の違いを言うと、

ウォーターサーバーは、水の入ったボトルを自宅に届けてもらい、サーバーの上に置くと、ボトルから直接水を出してくれる仕組みです。

水のボトルには、最初から安全な水が入っています。

一方、浄水器は、水道水を「ろ過すること」で、飲料水や料理に使える高品質な水を生成するものです。

浄水器はカートリッジで水を浄化するため、定期的に交換する必要があります。

それぞれ違いますが、どちらも家庭で美味しい水を提供してくれる機器と言えます。

両方使っても良い、ウォーターサーバーと浄水器の併用

ウォーターサーバーと浄水器を併用して良いです。 どちらも清潔な水を提供できる機器だからです。 都合にあわせて併用したり使い分けたりすると、家庭の水環境が快適にな…