収納しやすいキッチンに、リフォームしましょう

キッチンのリフォーム

キッチンキッチンは、毎日の食事を作る場所です。なので使いやすくて、スッキリさせたい場所です。

そしてキッチンをリフォームするなら、収納についても考えたいです。

壁面の棚

ミキサー・フードプロセッサー・電子レンジという調理家電の収納については、どこかに片付けてしまうと、再び使いたい場合にすぐに使えません。
そんな時は壁面に棚を作って、調理家電をすぐに取り出せるように並べておくと良いでしょう。

しかし、ここで注意しなくてはならない事は、置いたままにするのでホコリや油が付きやすくなる事です。それを防ぐために、棚に扉やシャッターを付けると良いです。
ただし炊飯器やトースターなど、熱や蒸気が出る家電の場合、棚の内部に熱対策が必要となります。

ゴミ箱

あと、ゴミ箱の収納場所を確保する事について、リフォームの際に忘れないようにしてください。キッチンで料理している時、足元をスッキリさせたいからです。

食品庫

食器類はもちろん、調味料や缶詰、乾物などを入れておく食品庫を用意しましょう。
この食品庫については、調味料や缶詰、乾物という保存食品を取り出しやすい物にすると良いです。

そして、どこに何があるのか、奥まで見渡せる物が「おすすめ」です。なぜなら食品があることを忘れてしまい、賞味期限が切れて、ゴミとなってしまうことがあるからです。
例えば網カゴの引き出し式の食品庫なら、奥にある食品を見やすくて取り出しやすい、と思います。

使いやすい収納にしましょう

収納で使いやすい位置は、「腰の高さ」から「目の高さ」までだと思います。
高すぎる位置の吊り戸棚は、物を出し入れしにくいでしょう。
低すぎる位置では、引き出し式の収納が便利と言われています。

あと、費用が掛かりますが、キッチンの棚を思い切って電動の棚にするのも良いです。
ショールームなどで実際のキッチンを見て、使い勝手を確認してみましょう。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム