美味しくて人気がある「鯉の料理」

煮込み料理

鯉(コイ)を美味しく煮て、食べてみましょう。
煮魚を調理する手順は、以下の通りです。

  1. 魚を煮るために、浅い鍋を用意します。
  2. 煮汁を沸騰させます。そして、そこに魚を入れます。
  3. 魚を煮る時は、一般的に上身を上にします。
    ただし切り身の場合は、皮を下にします。
  4. 丸ごと一匹の魚を煮る時は、煮ながら煮汁をかけて、表面を凝固させます。
    切り身の場合は焦げやすいので、鍋を時々揺り動かします。
  5. 「落としぶた」を使います。煮汁を全体に行き渡らせる効果があるからです。
    「落としぶた」を水に濡らしてから用いると、魚の皮がくっつかず、きれいに煮上がります。

鯉などの川魚では「泥臭さ」が気になる、という方もいると思います。そんな時は、ショウガを薄切りにして煮汁に入れて、煮立てます。その中に魚を入れると、「臭み」が気になりにくくなります。

有名な鯉の料理

鯉ところで鯉を用いた魚料理と言えば、「あらい」や「鯉こく」「甘露煮」が有名です。
「あらい」は、お刺身の一種です。冷水で身を引き締めたものを言います。この「あらい」で有名なものが、鯉の「あらい」です。
「鯉こく」は、鯉の輪切りを煮込んだ、お味噌汁の一種です。
「甘露煮」は、しょうゆと砂糖で濃い味付けにしたものです。

鯉は、ビタミンB1・B2・Eが豊富な淡水魚です。利尿作用があることから、「むくみ」に効くと言われます。