便秘の改善・お腹の調子を整えてくれる乳酸菌

善玉菌の代表・乳酸菌

地球上に存在するたくさんの菌の中には、私達の体にとって大切な働きをする菌があります。その一つに乳酸菌があります

乳酸菌は、腸の中で生息している細菌の一つです。

乳酸菌は腸にとって良い働きをしてくれる、善玉菌の代表と言える菌です。

なお、人間の腸の中には、100種類ほどの細菌が生息しています。その数は100兆個もあり、その「重さ」は1kg以上にもなります。

乳酸菌乳酸菌は糖類や炭水化物を発酵させて、たくさんの乳酸を作り出します。
この作り出された乳酸は、腸の中の雑菌や有害な菌の働きを抑えてくれます。私達の体にとって、大切な働きをしています。
免疫力を高めたり、アレルギー作用を軽減したり、ピロリ菌を攻撃してくれたりなど、様々な効果が報告されています。

赤ちゃんの腸の中には、たくさんの乳酸菌が生息しています。乳酸菌は、抵抗力の弱い体を病原菌から守る役割をしています。

ピロリ菌

先ほど名前が出てきたピロリ菌ですが、名前は可愛い感じがしますが恐ろしい菌と言えます。

ピロリ菌が、「胃炎や胃潰瘍・胃がん」の原因の一つだからです。

このピロリ菌の感染経路は、主に食べ物や飲み物とされています。特に衛生状態が悪い環境では、ピロリ菌が繁殖しやすいです。なので、汚い場所で飲み食いすると感染しやすそうです。

ピロリ菌は「胃がん」などの深刻な病気の原因だけでなくて、「じんましん」などの皮膚疾患の原因だったりもします。「じんましん」と「ピロリ菌」の関係に気づける人は、医療に詳しくない一般の人の中ではほとんどいないでしょう。
胃の調子が悪くて「じんましん」も出ているという方は、ピロリ菌を保有しているためかもしれません。詳しくは専門医の診察によりますが、ピロリ菌を除菌することで、それら二つの症状が治る可能性もあります。

便秘の改善

乳酸菌は、お腹の調子を整えることで知られています。便秘の改善を始め、下痢の症状を改善するのにも有効です。
乳酸菌が生きたまま腸に届くと、そこで乳酸を作って、腸内を弱酸性に保ちます。弱酸性という状態は、善玉菌にとっては過ごしやすいですが、悪玉菌にとっては過ごしにくい状態と言えます。
そういうことより、悪玉菌が少しずつ減ってゆきます。腸内細菌のバランスが良くなっていきます。

腸内環境を整えることは、健康的な排便を促すことに繋がります。固すぎる便は柔らかくなり、柔らか過ぎる便は「適度な固さ」になります。
普段から便秘薬を手放せないという人でも、一緒に乳酸菌を取ることで排便が快適になる場合があります。

発酵食品を作り出す乳酸菌

乳酸菌は、私達の体の中で大切な役割を果たしているだけではありません。様々な発酵食品を作り出すためにも、必要不可欠な物になっています。

昔から、乳酸菌は世界各地で色々な食品に利用されてきました。
身近な食品には、ヨーグルトやチーズ・バターなどがあります。日本食では、味噌や漬物などが乳酸菌を利用した食品です。
これらのような乳酸菌を利用した食品は、どれも風味が良くて保存性が高いです。健康にも良い食品です。

ところで乳酸菌と言えば、ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれているというイメージがあります。ですが、「しば漬け」や「キムチ」などの漬物、「味噌」「しょうゆ」にも含まれています。もしもヨーグルトが苦手な方は、このような食品から乳酸菌を取ると良いでしょう。

ちなみに日本の漬物として知られている「ぬか漬け」も、確かに乳酸菌を多く含み、栄養価が高い食品と言えます。しかし「ぬか漬け」は、乳酸菌をたっぷり含んだ「ぬか」を洗ってから食べる物となっています。

乳酸菌やビフィズス菌が入っているヨーグルトについては、毎日約250g食べると、乳酸菌をしっかり取れます。ヨーグルトにハチミツやオリゴ糖をかけて食べると、さらに効率的に乳酸菌を取れるでしょう。

乳酸菌は腸内の善玉菌を育てるのに役立つ、と言われています。ぜひ毎日取りたい栄養と言えます。