オーガニックと認められたチョコレート・てんとう虫チョコ

カカオ農園の労働問題

チョコレートの原料であるカカオ豆は、その70%ほどがガーナから日本国内へ輸入されていると聞きます(2009年当時)。

そのガーナでは多くの子供たちが、毎日カカオ農園で労働を強いられているそうです。その子供たちは「ひどい労働環境の中」で働いており、さらに学校に通えないなど、大問題となっています。

てんとう虫チョコ

以上のような事を聞くと、チョコレートを食べる気になれないという方も出て来る事でしょう。

そんな貧困に苦しめられている子供たちの事を考慮したチョコレートがあります。それは「てんとう虫チョコ」です。てんとう虫チョコの売上の一部は、

ガーナで働いている子供たちを支援するために使われる

てんとう虫という事だそうです。

当然、子供たちの労働とは無関係の原料より作られたチョコとなります。スイスのオーガニック認証機関から認証されたチョコレートメーカー製のチョコとなっています(マエストラーニ社製のチョコレートです)。

チョコレートの購入を通して貧困に苦しむ子供たちを支援したい、そう「お考えの方」は「てんとう虫チョコ」の購入を検討しましょう。