がん治療の入院で必要な「大判のバスタオル」

やはり恐ろしい病気の一つ・がん

21世紀になって医学が進んだ近年でも、「がん」という病気は恐ろしい病気の一つと言えます。昔に比べて、完治する事例が増えたと思います。しかし残念なことに、完治できない事例も見られます。

がん治療の種類として、手術による外科療法を始め、放射線治療や薬による治療など、いくつかあります。どの治療法を用いるかについては、専門医の下、「がん」の進行状況などを考慮して決められてゆきます。

抗がん剤治療を行なった際、脱毛を始めとする副作用が現れたりします。その訳は、抗がん剤が「がん細胞」だけを狙い撃ちするのではなくて、毛根の細胞なども狙ってしまうからです。抗がん剤は、細胞分裂の速い細胞を攻撃するように作られています。よって、毛根の細胞や血液細胞という「がん細胞」よりも分裂スピードが速い細胞を攻撃してしまいます。

入院生活に最適な「大判のバスタオル」

がん治療のために患者さんが入院する際、病院から準備するように依頼される物があります。例えば、「パジャマ」や「石けん」などを準備することになります。※詳しい事は、病院と相談してください。

事前に準備をしたけれど、入院生活で使うことを考えると、買い直しする用品があったりします。例えば、バスタオルです。なぜなら家庭用のバスタオルでは、入院生活では使いにくい場合があるからです。
バスタオルについては、入浴後に体を拭くための物と多くの方が思っているでしょう。実は入院生活では、バスタオルは患者さんを病室に移動させる時やベッドシーツの代わりなどで利用されます。なので家庭で使っているバスタオルでは、不十分な事が多いです。

入院生活において実用的なバスタオルとは、大判のバスタオルです。「全身を包み込めるほどの大きさ」のバスタオルが、必要です。

大判バスタオルがん患者さんの入院生活を快適にするためのバスタオルが、いくつかの販売店で用意されています。その素材は、肌に触れていても安心と言えるほど高品質です。また色については、医師や看護師が患者さんの状態を診る際、邪魔にならない控え目な色になっています。入院生活に最適な大判バスタオルと言えます。

日々健康維持に努めていて、実際に元気で健康な方にとっては、がん治療の入院の話を聞いても実感が無いかもしれません。だけど健康に関する知識として、知っていただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました