しみ・そばかすを「ほとんど消せる」美容整形のレーザー治療

しみ・そばかすの原因

「しみ・そばかす」の原因として、老人性色素斑と肝斑が考えられます。

老人性色素斑は、太陽光線に含まれる紫外線に長年にわたって当たることが、原因です。
肌の中にメラニン色素が蓄積して、それが年齢とともに「しみ」や「そばかす」として肌の表面に現れた物です。
男女を問わず、誰にでもできます。老化現象と言っても良いでしょう。

肝斑は、ホルモン分泌のバランスが崩れたことが原因です。
中高年以降の女性や妊婦に多いです。
特徴は、特に「ほほ」や「まぶた」などに左右対称にできることです。

メラニン色素

お肌の「しみ」は、メラニン色素によってできてしまう物です。でもメラニン色素は、元々紫外線から私達の体を守るために働いている物です。

紫外線が皮膚に当たると、メラニン合成酵素が活発化します。そして、まるで煙幕を張るようにメラニン色素が放出されて、光を遮ろうとします。
そうすることが「黒ずみ」となり、その後「しみ」となって残ってしまいます。

「しみ・そばかす」に対するレーザー治療

美容整形では「しみ・そばかす」に対する治療の一つとして、レーザー治療があります。

痛みも「さほどなく」、
「しみ」であれば通常1回から2回で、
「そばかす」では、たいてい1回で消せる、とされています。

レーザー

レーザー光線のイメージ画像

このレーザー治療では、皮下の「しみ」を熱破壊することによって、「しみ」や「そばかす」を除去または薄くします。
破壊された組織は、古い角質と一緒に剥がれ落ちます。

術後では、1週間ほど「かさぶた」になりますが、範囲が狭い場合は、ほとんど気にならないでしょう。

ただし、全ての「しみ・そばかす」に効果があるとは言えません。
レーザー治療後、2週間から3週間で戻ってしまうこともあります。それでも徐々に、薄くなります。「しみ・そばかす」がゼロになるとは言えませんが、かなり目立たなくなることを期待できそうです。

美容整形は最後の切り札

若い頃、夏の浜辺で「こんがり日焼け」を楽しんだために、その後しばらくして「しみ」や「そばかす」に悩まされ、後悔することになってしまった。男女を問わず、そんな人が多いかもしれません。

なお、美容整形は、あくまでも「最後の切り札」と考えましょう。
まずは「しみ」や「そばかす」がこれ以上増えないようにするために、規則正しい食生活と睡眠、日焼け対策の実施を心掛けてください。

ちなみに、お肌の「しみ予防」に効果的な栄養成分として、ビタミンCがあります。ビタミンCには、メラニンの生成を抑制して「しみ」や「そばかす」を予防する働きがあります。
その他にも、皮膚の老化を防ぐコラーゲンを作る働きがあります。
美肌のためには、積極的に摂取したい栄養成分です。

美容整形
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム