レーシックの再手術を行なう理由

人間の目レーシックの手術では、全員が一度の手術で、思い通りの視力に回復できるでしょうか?
レーシックの手術による角膜の屈折異常・矯正は、通常であれば一度施術を受ければ、視力が回復するとされています。ですが、まれに施術後も思うような結果を得られず、再手術が必要となる場合もあるようです。

レーシックの手術というのは修正可能にしておくために、限界の一歩手前で手術を終了することがあります。そのため極端な近視の人の場合は、思い通りの視力まで届かないこともあります。

そして割合は「かなり低い」ですが、100%の効果を得られずに再手術するという人もいるようです。

再手術の理由

レーシックで再手術になる場合として、以下の理由があります。

施術を受ける患者さんの「視力の状態」や「角膜の状態」によって、再手術する場合があるそうです。施術の仕方が悪かったということではないのに、そのような事例があるそうです。

あと、その人の体質によっては、自然治癒力が働いて削った角膜が再び「厚み」を増して、視力が低下するということもあるようです。

他にも、あってはならないことですが、手術ミスによって「角膜の厚さ」を誤り、角膜が変形してしまうことによって、近視や乱視を再発させてしまうこともあります。

術後の生活態度が原因で、レーシックの再手術を受ける人もいます。
視力が回復したのをいいことに、スマートフォンやパソコン、ゲーム機を長時間使ったり、暗い部屋で本を読んだりして、再び視力が低下したから、という理由もあります。
元々その人の視力が低下した要因(目の酷使)を再び繰り返していたら、以前と同様に視力が低下するリスクがあります。気をつけましょう。

以上のような理由の人たちが、レーシックを再手術することになります。
病院によっては初回に手術を受けた1年以内であれば、この再手術の費用を無料でやってくれる、という病院もあるようです。事前に確認しておきましょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム