レーシックの再手術を行なう理由

人間の目レーシックの手術では、全員が一度の手術で、思い通りの視力に回復できるでしょうか?
レーシックの手術による角膜の屈折異常・矯正は、通常であれば一度施術を受ければ、視力が回復するとされています。ですが、まれに施術後も思うような結果を得られず、再手術が必要となる場合もあるようです。
レーシックで再手術になる場合として、以下の理由があります。

施術を受ける患者さんの「視力の状態」や「角膜の状態」によって、再手術する場合があるそうです。施術の仕方が悪かったということではないのに、そのような事例があるそうです。

あと、その人の体質によっては、自然治癒力が働いて削った角膜が再び「厚み」を増して、視力が低下するということもあるようです。

他にも、あってはならないことですが、手術ミスによって「角膜の厚さ」を誤り、角膜が変形してしまうことによって、近視や乱視を再発させてしまうこともあります。

術後の生活態度が原因で、レーシックの再手術を受ける人もいます。
視力が回復したのをいいことに、スマートフォンやパソコン、ゲーム機を長時間使ったり、暗い部屋で本を読んだりして、再び視力が低下したから、という理由もあります。
元々その人の視力が低下した要因(目の酷使)を再び繰り返していたら、以前と同様に視力が低下するリスクがあります。気をつけましょう。

以上のような理由の人たちが、レーシックを再手術することになります。
病院によっては初回に手術を受けた1年以内であれば、この再手術の費用を無料でやってくれる、という病院もあるようです。事前に確認しておきましょう。

角膜を大きく削れず、再手術

eyeレーシックはどのような手術かというと、視力を回復するために角膜を削る手術になります。
「レーシック手術の仕組み」について言うと、フラップと呼ばれる蓋(ふた)を目に作り、その蓋を開けて、そこから角膜に向けてエキシマレーザーを照射して角膜を削ります。角膜の屈折率を変化させて視力を回復させる、という仕組みになります。

ですが近視の度合いが高い人や角膜が元々薄い人が、レーシックの手術を受けた場合では、思うように視力が回復しない場合があるようです。
これは角膜を削りすぎてしまうのを避けるために、レーシックの手術では角膜を始めから大きく削ることはせず、薄めに削るということも関係しているかもしれません。

レーシックの手術というのは修正可能にしておくために、限界の一歩手前で手術を終了することがあります。そのため極端な近視の人の場合は、思い通りの視力まで届かないこともあります。
そして割合は「かなり低い」ですが、100%の効果を得られずに再手術するという人もいるようです。

そういった事情もあり、レーシックを行なうクリニックの大部分では、一定の期間を定めて、レーシックの再手術において無料で受け付けるシステムがあるということです。
また、レーシックで再手術となった場合には、イントラレーシックという、メスではなくて機械でフラップを作る新しい施術法を、採用することもあるようです。

イントラレーシック

イントラレーシックとは、従来の近視矯正手術レーシックと比べて、フラップの作成の仕方が大きく違います。
フラップとは簡単に言うと、角膜を切り抜いて作る「蓋」のことです。その蓋の作り方が、レーシックは手動であり、イントラレーシックは機械で作られるといった感じです。

それに、視力が悪ければ悪いほど深く削らなければならない角膜について、レーシックに比べてイントラレーシックのほうが、深くまで削ることができます。
なのでイントラレーシックのほうが、強度の視力回復が可能であるということになります。

他にも、レーシックの手術後に起こるドライアイの症状が、イントラレーシックの場合は発生度が低く済むのも特長のようです。

手術できない人

レーシックもイントラレーシックも、希望する全ての人が手術を受けられる訳ではありません。

元々の角膜に異常がある、あるいは角膜移植をしている人、
重い糖尿病や膠原病(こうげんびょう)、出産前後の人、
以前に、疾患による眼の手術を受けた人などは、
残念ながら手術を受けられません。

それに、多くの人の命を預かるパイロットやパイロットを目指す方の場合、レーシックやイントラレーシックを受けられない場合があるようです。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム