レーシック手術を検討しているなら、メリット・デメリットを知っておきましょう

レーシック手術

視力を回復させたいと思っている人は、視力回復トレーニングとレーシックのどちらを選ぶか、迷ったことがあるかもしれません。
ここでは参考にレーシックについて、ご紹介したいと思います。

レーシックとは、レーザーを使う外科手術のことです。正式名称は「レーザー屈折矯正手術」です。
レーシックは、欧米では一般的な治療法として浸透しています。日本では2000年に、厚生労働省が「エキシマレーザー装置」を認可してから広まっていきました。

レーシックは、歯科治療においても行なわれています。外科手術の中でも、安全性が高い手術です。目においてのレーシック手術は、目の表面を覆う角膜を少し削ります。そして、光の屈折角度調節をすることによって、近視を矯正するという手術です。

片目にかかる手術時間は、約20分程です。
手術して少し休憩した後に、異常がなければ帰宅できます。
手術当日から入浴も可能です。日常生活の上でも支障はありません。
ただし翌日に、再検査があります。

目の手術というのは、「怖い」というイメージがあります。ですがレーシック手術は外来で施術できて、その上短時間で終了します。

レーシックのメリット

人間の目

メガネやコンタクトレンズ以外の方法として、視力回復のレーシック手術を希望する人がいます。
レーシックの利点には、どんな事があるでしょうか。

視力回復のトレーニングと違って、短時間で視力を回復できるというメリットがあります。

レーシックにより、近視だった視力は元通りになります。日常的に使っていたメガネやコンタクトレンズは、不要になります。

ちなみに、多くのスポーツ選手がこの手術を受けるのは、このメリットがあるためです。
その他にも警察官・電車の運転手など、就業にある程度の裸眼視力が必要な場合、就職前に「この手術」を受けて、視力を回復させている人がいるようです。

レーシックのデメリット

レーシックは、外科手術の中でも最も安全な手術です。失敗は「ほとんどない」と言われています。
なので視力回復トレーニングをしようと思っている人でも、短期間で視力が回復するというレーシックが、どうしても気になると思います。

ここではレーシックに「どんなデメリット」があるのか?参考までにいくつか述べたいと思います。

ドライアイ

目が乾燥しやすくなります。しかし最近では、最新技術で問題点が改善されてきています。

ハロ

「夜間の灯り」が、ぼやけて見えたりします。3ケ月ほどで、治まるようです。

グレア

明るい光が、まぶしく感じられたりします。3ケ月ほどで、治まるようです。

矯正視力の低下

メガネやコンタクトレンズを装着した時の矯正視力が、低下したりします。
裸眼視力は回復します。

不正乱視

レーザー照射後にフラップを元に戻す際に、角膜をうまくつけられず、表面に凹凸が出来て、不正乱視になることがあります。

眼球の白濁

治療が適切に行なわれなかった場合、感染症が引き起こされ、眼球が白く濁ることがあります。

度数ずれ

白内障手術を受ける場合、眼内レンズの「度数ずれ」を起こすことがあります。

身体検査不適合

例えばパイロットは、視力検査が「とても厳しい職業」です。レーシックに失敗した場合、航空身体検査基準に引っかかって不適合とされます。※最新情報を、ご確認ください。

覚悟できたなら手術を受けましょう

レーシックには、以上のようなデメリットがあります。
もしも「どんなデメリットがあるのか、具体的にわかっただけでも気が楽になった」などとスッキリした人は、勇気を出してレーシックに臨むのも良いでしょう。

なお、レーシック手術の結果は、医療機関の設備・設備の衛生面・医師の技術などによって左右されます。なのでレーシックを受ける時は、「医療機関選び」が重要なポイントとなってきます。
慎重に選ぶようにしたいですが、それはなかなか難しいようです。目先の宣伝・広告などに惑わされず、しっかりしている医療機関を見つけてください。

不安に思う人もいます

目を手術することは、やっぱり不安があると思います。そして手術する医者側も、いつも100%完璧であると断言できません。
手術中、何が起こるか?わかりません。もしも自分に限って失敗してしまったらなど、心配があるでしょう。

レーシック手術をする前に、クリニックの待合室で待っている間に「あまりの緊張感」で吐き気をもよおしたり、逃げ出したりする人もいたそうです。
手術というものは医師の技術にもよりますが、患者さんの体調にも左右されることがあるそうです。

終始、平常心でいられる自信がない人は、レーシック手術をやめたほうが良いでしょう。
手術のリスクを受け入れられないという人は、特にリスクを伴わない視力回復トレーニングのほうを「おすすめ」します。視力回復トレーニングの場合、目を傷つけることはないからです。

もちろんレーシックについても、これによって失明するということは、まずありません。しかし手術するだけに、絶対にないとも言えません。

視力回復トレーニングとレーシックについて、メリット・デメリットを比較しながら、自分にとってベストな視力回復方法を選びましょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム