手術を受ける前に知っておきたい、レーシック手術の問題点

万能ではないレーシックの手術

レーシックによってクリアな視界を取り戻して喜んでいる人は、多いです。芸能人やスポーツ選手の中にも、レーシックの手術を受けている人が多いと聞きます。

ですがレーシック手術は

万能な視力回復法ではない

注意

ということも認識しておかなければなりません。

例えば希望する全員が、レーシック手術を受けられる訳ではありません。角膜厚が足りない人などは、手術をできません。

レーシックの手術を受けても、必ずしも思うように視力が回復しない場合もあるそうです。
手術によって得られる効果は、患者さんの眼の状態などで個人差があるため、一様に同じ結果にはなりません。
どの程度、視力を回復できるかということは術前ではわかる範囲に限りがあり、簡単に言ってしまえば、手術してみないと効果の程度はわからない、という指摘もあります。

こういったデメリットについては、事前に医療機関で説明されます。考えられるリスクを理解した上で、手術を受けるかどうかを決めるということは、とても大切と言えます。

レーシック手術は、手術であることに変わりはありません。日帰り可能ですが、やはり手術です。そして手術当日から、快適な生活を送れるようになる訳ではありません。
レーシック手術には、やはりリスクがあります。他の手術と同様に、手術ミスや術後の合併症などのリスクがあります。

医学的にも完全にリスクがない訳ではありません。利点だけでなく危険性もよく理解した上で、施術を決断する必要があります。
起こるかもしれない問題に対応するため、事前の検査・カウンセリング・術後のケアについて、よく整った医療機関で施術するようにしましょう。

どんな事においてもそうですが、レーシックにおいてもメリットがあれば、その反面デメリットもあります。

レーシック手術の問題点

以下に、考えられる問題点を書きます。

  • 屈折度が安定するまでに、一定の期間が必要です。その期間は、個人によって差があります。
  • コントラスト感度が低下する可能性があります。
  • 角膜を削り過ぎた場合、遠視になってしまう危険があります。これを再度修正することは困難です。
  • 白内障の手術を受けた際に、「眼内レンズの度数ずれ」を起こす危険があります。
  • 術後に異物感を感じたり、しみたりすることがあります。
  • 術後に「まぶた」がはれぼったくなり、開きづらくなることがあります。手術中に、「まぶた」を大きく開くために器具を付けたからです。
  • 術後に、一過的にハロ・グレアが出現する可能性があります。

結膜下出血

結膜に内出血(結膜下出血)が、起こることがあります。よって、白目が赤くなることがあります。
このような症状は、1日で治るものもあれば、治るのに2週間ほど掛かるものもあります。

再度近視になる可能性

レーシックは、近視の進行を止める手術ではありません。毎日目を酷使するなど、近視になりやすい状況にある人は、手術をしても再度近視になる可能性があります。

視力の誤差

近視や乱視、遠視について、目標とする軽減度と実際の結果には誤差があります。
結果によっては再手術が必要になったり、手術を受けたのにメガネが必要になることもあります。

左右の目に、差が出ることがあります。同じ人の目であっても、左右によって条件が異なるからです。

二重の像

夜間に、二重の像が見えることがあります。
角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間に瞳孔が開いた際、角膜周辺部で術前と変わらない曲率を持つ部分を通った光線が、網膜に到達するようになります。それによって、二重の像が見えることがあります。

少数の例ですが、問題は起きています

レーシック手術は、日本では厚生労働省によって許可されている手術です。
しかし実際のところ、問題点は全くないのでしょうか?

実際にどれくらいの視力の回復が期待できるのか、事前の検査で確認しておきましょう。
極めて強度の近視や乱視、老眼が重なっている人の場合は、特にそうです。
また、子供や妊娠中の人、全身疾患を「お持ちの方」は、手術を受けられません。

医院によっては、レーシック手術を受けた方の98パーセント以上が、視力1.0以上に回復しているそうです。残りの2パーセントの方も、0.7以上になったようです。

ただし、ごく稀にですが、再近視化が起きてしまい、視力が再び悪化してしまう人がいます。
また、実際に野球の選手で、この手術を受けて、失明の危険に陥った人もいました。
ごく少数の例ですが、問題が起きたことは事実です。決して安易に考えるべきではないでしょう。

例えば再近視化した場合の保障はあるかどうかなど、リスク対策について手術前に確認しておきましょう。

問題点を理解しておきましょう

レーシック手術は視力の低下に悩む方や、長年「度が強い近視や乱視」のため、仕事をするのにも何をするのにも不自由を感じてきた人にとっては、まさに願ってもない矯正術のように思えるでしょう。
実際に本場のアメリカでは日本とは比べ物にならないほどの多くの症例があり、多くの人がレーシックによって視力を取り戻しています。

そんな素晴らしいレーシックですが、デメリットもあります。手術を受ける際は、このデメリットについても十分に理解しておきましょう。
そしてレーシック手術で、よく見える視力をぜひ手に入れてください。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム