創意工夫する意欲を育てる、LEg GOdt(よく遊べ)という言葉から名づけられたレゴブロック

ブロックのおもちゃで遊ぶことは、想像力を育てたり、創意工夫する意欲を養ったりする、と聞きました。
なので、子どもにブロックを使った遊びをさせたい、と思います。

レゴブロックは、カラフルな色が揃っているおもちゃのブロックです。
レゴブロックを使って、様々な形の作品を自由に作れます。
自由に作品を作ることは、創意工夫する意欲を育てるのに役立ちます。

子どもさんを始め、大人も、レゴブロックで遊びましょう。
レゴブロックを使って自由に作品を作ることで、想像力が豊かになってゆきます。

LEg GOdt(よく遊べ)という言葉から名づけられたレゴブロック

レゴブロック

北欧製のおもちゃと言えば、最初に思い浮かべる物は「LEGO(レゴ)」だと思います。

レゴブロックは、デンマーク生まれのおもちゃです。
デンマークのレゴ社が製造しているプラスチック製のブロックです。

レゴは、デンマーク語で「LEg GOdt(よく遊べ)」という言葉から、名づけられました。

日本でも多くの人たちがレゴブロックを知っている、と思います。とても親しまれているおもちゃ、と言えます。

  • 基本のブロックは、8つのポッチがある長方形の形をしています。
  • それぞれのブロックの「でこぼこ」をはめ込むことで、色々な形を作れます。
  • 色については、赤色や黄色、緑色というカラフルな色が揃っています。

レゴブロックは人気が出て一般的になったために、同じような仕組みのプラスチック製ブロックのことを、レゴと呼ぶようになってしまいました。

似たようなブロックが存在していますが、正しくレゴと呼べるブロックはレゴ社の物だけです。

創意工夫する意欲を育てるのに役立つ、レゴブロック

知育玩具の一つに、おもちゃのブロックがあります。
その中で有名なブロックには、レゴ社のレゴブロックがあります。

レゴブロックでは、「でこぼこ」があるブロックを繋ぎ合わせていくことで、様々な形の物を自由に組み立てることができます。
なのでレゴブロックは、子どもが豊かな想像力を育てるのに良いおもちゃです。

子どもがレゴブロックを使って、自分で何かの形を真似して作っていくことは、認識する能力創意工夫する意欲を育てるのに役立つ、と言われています。

さらに手先をよく使うことで「大脳の発達を促す働き」もある、と言われています。

中世のお城や恐竜など、色んな作品を作れるレゴブロック

レゴブロックで作った家

現在では、レゴブロックに関するたくさんのセット商品が販売されています。

例えば

  • 「スターウォーズ」や「スパイダーマン」というキャラクター物を始め、
  • 中世のお城
  • 恐竜
  • 宇宙船
  • ロボット
  • 鉄道

など、多くの種類があります。

このようなセット商品は、子どもだけでなく大人も、作品が完成するまで楽しめる内容になっています。
楽しい時間を過ごせるでしょう。

完成した素敵なレゴブロックの作品は、インテリアとして飾れます。お部屋の雰囲気を楽しくしてくれます。

「こどもの日」の「鯉のぼり作品」も作れる、レゴブロック

「こどもの日」と言ったら、「鯉のぼり」のイメージが強いです。

  • 黒色の真鯉
  • 赤色の緋鯉
  • 青色の子どもの鯉
  • 5色の吹き流し

こんなイメージが、頭の中に思い浮かびます。

ちょっと無理やりな連想になりますが、「鯉のぼりの色使い」はレゴブロックっぽいと思いました。
レゴブロックで、「鯉のぼり」を作れそうな気もしてきました。

試しにネットで画像を検索してみたら、レゴで作った鯉のぼり作品がいくつか見つかりました。
レゴはどんな物でも作れる、と感心しました。

キャラクターをモチーフにした作品を作れる、レゴブロック

数あるおもちゃの中で、いつも人気がある物と言ったら何でしょうか?

その答えは、やはりキャラクター物だと思います。
マンガやアニメ、ゲームなどに登場するキャラクターは、いつの時代も大人気と言えます。

玩具のレゴブロックにも、キャラクターをモチーフにした物が多数登場しています。

レゴブロックの場合では、基本的なブロックが揃っていれば、キャラクターをある程度自由に作れます。
なので、好きなキャラクターを自作する事も可能と言えます。

ある特定のキャラクターを作るのに必要なブロックを、セットにした商品もあります。
そのようなセット商品なら、簡単にキャラクター作品を作れます。

レゴブロックの作品に利用できる、100円ショップのおもちゃ

レゴブロックの掃除する人

100円ショップでは、実に様々な「おもちゃ」が販売されています。

  • アルファベットのブロック
  • カラフルなボール
  • 小さな人形
  • 動物のフィギュア
  • ビー玉
  • ミニカー
  • 緑色の人工芝

このような物があります。

ふと思ったのですが、

これらの100円ショップのおもちゃをレゴブロックの作品に利用できる、と思いました。

例えば小さな人形や動物のフィギュアなどは、レゴ作品にマッチすると思います。
ビー玉なども利用できる場面がある、と思いました。

特に、赤ちゃんや幼い子ども向けのおもちゃは、その「色使い」が鮮明なので(真っ赤や真っ青という原色なので)、レゴの雰囲気とピッタリ合うと思います。

レゴブロックをお持ちの方は、100円ショップの「おもちゃ」や「小物」を活用してみましょう。

レゴ作品の幅が広がる、と思います。

【まとめ記事】子どもの想像力や創造力を刺激する、積み木やパズルなどの知育玩具

知育玩具は、子どもの想像力や創造力を刺激します。 子どもが積み木で作品を作ることで、創造力を養うことができます。 子どもが立体パズルで遊ぶことで、空間把握能力を…