子どもの知育に役立つ、おもちゃで遊ぶ事

子どもは遊びながら「考える力」を身につける、と聞きました。
そう考えると、遊ぶって大切な事だと思います。

子どものおもちゃは、以下のような知育に役立ちます。

  • 想像力を鍛える事。
  • 好奇心を育てる事。

知育教育に役立つおもちゃを、子どもに与えましょう。
おもちゃで遊ぶ事で、子どもの能力がすくすく育ちます。

教育につながる「遊ぶ事」

おもちゃのブロック

子どもが遊ぶ事は、ただ楽しいだけでなくて、心と身体の発育に大きな影響を与えます。

子どもは遊びながら

  • 考える力
  • 判断力
  • 洞察力

など、自分を形成していく能力を身につけていきます。

そう考えると、「子どもの遊び」とは「教育そのもの」と言えます。

子どもの能力を育てる「おもちゃ」

ブロックで作ったタワー

「子どもの知育」と「おもちゃ」について、お話したいと思います。

想像力を鍛える「おもちゃ」

おもちゃは子どもにとって、想像力創造力を引き出すアイテムです。

  • 積み木、ブロック
  • 折り紙
  • 粘土

これら何かを組み立てる「おもちゃ」、積み木などは、造形したり構成したりする能力を養います。

積み木で色々な物を作った経験は、創造する力を養います。物作りに必要な力を身につけるのに役立ちます。
さらに集中力やバランス感覚も、高めることができます。

「おもちゃ」で養われた創造力は、その後の生活で活かされます。

好奇心を育てる「おもちゃ」

  • パズル
  • トランプ

パズルなどゲーム性がある「おもちゃ」は、知的好奇心を育ててくれます。

パズルで遊んだ経験は、探究心や整合性を取る感覚(バランス感覚)を養います。
もしかしたら、研究者に向いた頭脳を育てるかもしれません。

さらに家族や友達と楽しむことで、コミュニケーション能力を高めます。
協調性という社会性も育みます。

将来に対して無限の可能性を持っている子どもは、「おもちゃ」によって、それぞれの能力を育てることが可能と言えます。

物をぶつけることを学べる、おもちゃを投げる事

小さい子どもが「おもちゃ」を投げたりぶつけたりしている、そんな場面を見た人も多いと思います。

「なぜおもちゃを投げるのだろう、危ないのに」
そう思うかもしれません。

実は、小さな子どもさんは「物を投げたらどうなるか」について、まだ学んでないからです。

人や物に「おもちゃ」をぶつけたら、どうなるか?
この事について、実際に「おもちゃ」を投げつける事で学習してゆく事になります。

もちろん安全に配慮する必要がありますが、許せる範囲で、子どもが物を投げる事をやらせてあげるほうがいいでしょう。
大人に成長するために、必要な経験だからです。

もしも投げつけた「おもちゃ」が壊れたら、親が修理する姿を子どもに見せてあげましょう。
その姿を見て、「物を大切にするという気持ち」を学んでくれるでしょう。

子どもの遊び相手と言える「おもちゃ」

子どもは早ければ0歳から、おもちゃを使って一人で遊びます。
子どもにとって、「おもちゃ」は良き遊び相手と言えます。

ブロックなどの「おもちゃ」は、親の代わりに、子どもの遊び相手になってくれる物です。

親が子どもと遊ぶ事は、とても良い事です。
しかし、一日中ずっと子どもの相手をできない場合もあります。そのような時、おもちゃは親の代わりに子どもと遊んでくれます。

よって、どんな「おもちゃを買い与えるか?」という事は、子どもに対して大きな影響を与える事になります。

子どもに対する「おもちゃの役割」は大きい、と言えるからです。

適切な個数の「おもちゃ」を与えましょう

おもちゃに飽きた子ども
おもちゃに飽きた子ども

「おもちゃの与えすぎは良くない」と言われています。
もしも「大量のおもちゃ」を、一度に子どもに与えるとどうなるでしょうか?

あれもこれもと気が散って、一つの「おもちゃ」に集中して遊べなくなるでしょう。「おもちゃ」があふれているので、物の「ありがたさ」がわからなくなってしまうかもしれません。

これでは新しい物を与えても、すぐに飽きてしまうようになるでしょう。

すぐに飽きてしまう子どもは、問題です。近年のキレやすい子どもについて、飽き性であるという指摘があります。

子どもの成長や発達に合わせて、適切な「おもちゃ」を、適切な個数だけ与えましょう。

【まとめ記事】子どもの能力を伸ばす知育玩具

おもちゃは、子どもの想像力や創造力を刺激する物です。 おもちゃで育まれた子どもの想像力は、後に様々な形で活かされます。