安全に「ろうそくの炎」を楽しめる、LEDキャンドル

ほっとできる、オレンジ色の炎

オレンジ色の灯を見ていると心が癒される、という感想があります。例えばキャンドルの炎を見ていると、なんだか心が落ち着くと実感する方がいるようです。オレンジ色の灯は、夕焼けの灯と通ずるものがあるようです。多くの人は、夕焼けを見ると気分が静まる思います。

キャンドルが好きであり、仕事から自宅に帰ってきたらキャンドルの灯を「ともす」という方もいると聞きます。確かにオレンジ色の炎を見ていると、ほっと一息つけると思います。その日一日のストレスも解消できるでしょう。

就寝するまでの時間、部屋の明かりを落として「ほのかなキャンドルの炎」で過ごす、というのも良さそうです。電灯の白い光はどうしても人工的であり、精神的に優しくないように思えるからです。

昔の人たちも、ほっとしていた??

キャンドルの歴史はとても古い、と言われています。一説には紀元前3000年くらいからあったのでは?と言われています。紀元前の3世紀くらいには、現代のキャンドルと「ほとんど同じ形の物」があったようです。昔の人たちも、もしかしたらヒーリング目的でキャンドルに火をともしていたかもしれません。

昔のキャンドルは、蜜蝋から作られていました。昆虫のミツバチから分泌された物です。その他、羊の脂から作られた物や鯨の脂から作られた物(鯨ロウ)もあったそうです。

その後1850年頃から、石油から取り出した成分であるパラフィンワックスが、キャンドルの原料として使用されるようになりました。日本においては1873年あたりから、パラフィンワックスのキャンドルが大量に生産されるようになったそうです。

火事に注意

なお、キャンドルに火をつける場合、トラブルが起きないように注意することが必要です。

まずはキャンドルを灯す場所が、水平であるかどうかを確認します。傾いている場所にキャンドルを置くと、キャンドルが倒れてしまう危険があります。
お皿の上にキャンドルを置く場合は、置くだけでなく、しっかりと固定すると良いです。市販の柔らかいロウを使えば、キャンドルをしっかりと固定できます。

キャンドルの炎は小さい炎ですが、その取り扱いを間違えると大変なことになります。火事にならないように、充分に注意してください。
注意する事で最も気をつけたい点として、キャンドルが倒れないようにする事があります。デザイン性の高いキャンドルは、倒れやすい物もあります。ろうそく台にしっかりと固定して、安定させることが大事と言えます。

あと、当然のことになりますが、キャンドルの周りに燃えやすい物を置いてはいけません。部屋のカーテンにも近づけてはいけません。例えカーテンが「ゆらゆらとなびいた場合」でも、キャンドルに届かないようにしておきましょう。

キャンドルを用いて楽しむ際、安全第一で楽しむようにしましょう。

LEDキャンドルで、ほっと一息つきましょう

LEDの明かり

LEDの明かりは、意外と優しい

LEDキャンドルという、まるで「ろうそく」のように「ゆらゆらと揺れる照明」があります。

イベントを行なう場で用いると、「楽しさ」を演出できます。また、結婚式場で使った場合、落ち着いた雰囲気を演出できます。

場の雰囲気作りでは、「明かり」がポイントの一つと言えます。本物の「ろうそく」を使うほうが、雰囲気が出ると言えます。しかし、火事の心配があります。ですが電池で使えるタイプのキャンドル照明なら、安心してテーブルの上などに置く事ができます。

LED登場以前の昔から、「ろうそく」の形をした白熱ランプがありました。しかし白熱電球では、「ろうそく」の炎のように「ゆらぎのある光」を作ることはできなかったそうです。

LEDは、省エネ用の照明器具として利用されています。そしてLEDキャンドルのような装飾向け照明としても、利用が始まっています。

「明かり」をエンターテイメントとして楽しむ際、LEDは最適な照明

と言えます。

家電
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム