子供・大人みんな楽しく遊べる、レゴブロック

レゴブロック

レゴブロック北欧製の「おもちゃ」と言えば、最初に思い浮かべる物は「LEGO(レゴ)」だと思います。
レゴブロックは、デンマーク生まれの「おもちゃ」です。デンマーク語で「LEg GOdt(よく遊べ)」という言葉から、名づけられました。
日本でも多くの人たちがレゴブロックを知っている、と思います。とても親しまれている「おもちゃ」と言えます。

基本のブロックは、8つのポッチがある長方形の形をしています。色については、赤や黄色・緑というカラフルな色が揃っています。
自由に組み立てることができて、様々な形を作れます。なので、豊かな想像力を育てるのに良い「おもちゃ」です。

知育玩具の一つ・ブロック

知育玩具の一つに、「おもちゃ」のブロックがあります。有名なブロックには、レゴ社の物があります。

「おもちゃ」のブロックでは、「でこぼこ」があるブロックを繋ぎ合わせていくことで、色々な形の物を作れます。子供が自分で何かの形を真似して作っていくことは、認識する能力創意工夫する意欲を育てるのに役立つ、と言われています。さらに手先をよく使うことで、「大脳の発達を促す働き」もあると言われています。

おすすめは基本セット

レゴブロックは「それぞれのタイプ」によって、バケツの色が分かれています。子供の発達段階によって、適した物を選べます。

初めてレゴを手にする赤ちゃんにとっては、基本セットが「一番おすすめ」と言えます
例えば「ぞうさんのバケツ」という基本セットは、レゴブロックの中でデュプロという大きいブロックを使っているセットです。ポッチだけでなくて、ブロック自体も大きくなっています。なので小さな子供でも、簡単に「くっつけたり」「外したり」できるでしょう。

また万が一、デュプロのブロックを口に入れてしまっても、「飲み込めない大きさ」に設計されています。

なお、通常のレゴブロックは、「レゴ・システム」と言われているブロックです。それよりも大きなポッチでできている物は、「デュプロ・ブロック」と呼ばれています。

レゴ・システムでも使えるデュプロ

「デュプロ・ブロック」と「レゴ・システム」は、一目見た印象では「お互いのブロック」が繋がりそうに見えない、と思います。ですが実は、その両者は「きちんと繋がる(くっつく)」ように設計されています。つまり、

赤ちゃんの時に買ってもらった「デュプロ・ブロック」は、大人になってから購入した「レゴ・システム」と、一緒に使えます。

幼い子供が大人になり、「レゴ・システム」で複雑な作品を作れるようになった時でも、「デュプロ・ブロック」を使えます。

レゴブロックのような大人になっても使える(遊べる)玩具は、ちょっと珍しくて貴重だと思います。子供の頃に買ってもらったレゴを、大人になってもぜひ使いましょう。