子供・大人みんな楽しく遊べるレゴブロック

レゴブロック北欧製の「おもちゃ」と言えば、最初に思い浮かべる物は「LEGO(レゴ)」だと思います。
レゴブロックは、デンマーク生まれの「おもちゃ」です。デンマーク語で「LEg GOdt(よく遊べ)」という言葉から、名づけられました。
日本でも多くの人たちがレゴブロックを知っている、と思います。とても親しまれている「おもちゃ」と言えます。

基本のブロックは、8つのポッチがある長方形の形をしています。色については、赤や黄色・緑というカラフルな色が揃っています。
自由に組み立てることができて、様々な形を作れます。なので、豊かな想像力を育てるのに良い「おもちゃ」です。

知育玩具の一つ・ブロック

知育玩具の一つに、「おもちゃ」のブロックがあります。有名なブロックには、レゴ社の物があります。

「おもちゃ」のブロックでは、「でこぼこ」があるブロックを繋ぎ合わせていくことで、色々な形の物を作れます。子供が自分で何かの形を真似して作っていくことは、認識する能力創意工夫する意欲を育てるのに役立つ、と言われています。さらに手先をよく使うことで、「大脳の発達を促す働き」もあると言われています。

色んな作品を作れるレゴ

レゴとは、デンマークのレゴ社が製造しているプラスチック製のブロックです。それぞれのブロックの「でこぼこ」をはめ込むことで、色々な形を作れます。

人気が出て一般的になったために、同じような仕組みのプラスチック製ブロックのことをレゴと呼ぶようになってしまいました。似たようなブロックが存在していますが、正しくレゴと呼べるブロックはレゴ社の物だけです。

現在では、レゴに関するたくさんのセット商品が販売されています。例えば「スターウォーズ」や「スパイダーマン」というキャラクター物を始め、中世の「お城」や「恐竜」、「宇宙船」や「ロボット」「鉄道」など、多くの種類があります。

このようなセット商品は、子供だけでなく大人も作品が完成するまで楽しめる内容になっています。楽しい時間を過ごせるでしょう。そして素敵なレゴブロックの作品は、インテリアとして飾れます。お部屋の雰囲気を楽しくしてくれるでしょう。

なおデンマークには、レゴのテーマパーク「レゴランド」があります。ここは人気の観光スポットとなっています。パーク内の電車やバスなどの乗り物は、全てレゴブロックで作られています。北欧やアメリカ・日本など、世界の名所がレゴで再現されています。

例えば「鯉のぼり」

こどもの日に「おもちゃ」を買ってあげたり、一緒に食事に出掛けたりする家族もいるでしょう。子供にとっては、嬉しい日と言えます。
あと、こどもの日と言ったら、「鯉のぼり」のイメージが強いです。「黒色の真鯉」「赤色の緋鯉」「青色の子どもの鯉」、そして「5色の吹き流し」のイメージが、頭の中に思い浮かびます。

ちょっと無理やりな連想になりますが、「鯉のぼりの色使い」はレゴブロックっぽいと思いました。そしてレゴブロックで、「鯉のぼり」を作れそうな気もしてきました。
試しにネットで画像を検索してみたら、レゴで作った鯉のぼり作品がいくつか見つかりました。レゴはどんな物でも作れる、と感心しました。

人気のキャラクター

数ある「おもちゃ」の中で、いつも人気がある物と言ったら何でしょうか?
その答えは、やはりキャラクター物だと思います。マンガやアニメ、ゲームなどに登場するキャラクターは、いつの時代も大人気と言えます。
キャラクター商品には、「ぬいぐるみ」や「人形」、「プラモデル」や「Tシャツ」など様々な物があります。玩具メーカーにとっても、キャラクター物は商品化しやすいそうです。安定した需要が見込めるので、製造しやすいようです。

そして玩具のブロックにも、キャラクターをモチーフにした物が多数登場しています。ブロックの場合では、基本的なブロックが揃っていれば、キャラクターをある程度自由に作れます。なので、好きなキャラクターを自作する事も可能と言えます。
ある特定のキャラクターを作るのに必要なブロックをセットにした商品もあります。そのようなセット商品なら、簡単にキャラクター作品を作れるでしょう。

100円ショップの小物も利用

100円ショップでは、実に様々な「おもちゃ」が販売されています。アルファベットのブロックやカラフルなボール、小さな人形や動物のフィギュア、ビー玉やミニカー、緑色の人工芝なんて物もあります。

ふと思ったのですが、これらの100円ショップの「おもちゃ」をレゴブロックの作品に利用できそうと思いました。例えば小さな人形や動物のフィギュアなどは、レゴ作品にマッチすると思います。ビー玉なども利用できる場面がある、と思いました。

特に赤ちゃんや幼い子供向けの「おもちゃ」は、その「色使い」が鮮明なので(真っ赤や真っ青という原色なので)レゴの雰囲気とかなりピッタリ合うと思います。

レゴブロックを「お持ちの方」は、100円ショップの「おもちゃ」や「小物」を活用してみましょう。レゴ作品がもっと楽しい物になる、と思います。

おすすめは基本セット

レゴブロックは「それぞれのタイプ」によって、バケツの色が分かれています。子供の発達段階によって、適した物を選べます。

初めてレゴを手にする赤ちゃんにとっては、基本セットが「一番おすすめ」と言えます
例えば「ぞうさんのバケツ」という基本セットは、レゴブロックの中でデュプロという大きいブロックを使っているセットです。ポッチだけでなくて、ブロック自体も大きくなっています。なので小さな子供でも、簡単に「くっつけたり」「外したり」できるでしょう。

また万が一、デュプロのブロックを口に入れてしまっても、「飲み込めない大きさ」に設計されています。

なお、通常のレゴブロックは、「レゴ・システム」と言われているブロックです。それよりも大きなポッチでできている物は、「デュプロ・ブロック」と呼ばれています。

レゴ・システムでも使えるデュプロ

「デュプロ・ブロック」と「レゴ・システム」は、一目見た印象では「お互いのブロック」が繋がりそうに見えない、と思います。ですが実は、その両者は「きちんと繋がる(くっつく)」ように設計されています。つまり、

赤ちゃんの時に買ってもらった「デュプロ・ブロック」は、大人になってから購入した「レゴ・システム」と、一緒に使えます。

幼い子供が大人になり、「レゴ・システム」で複雑な作品を作れるようになった時でも、「デュプロ・ブロック」を使えます。

レゴブロックのような大人になっても使える(遊べる)玩具は、ちょっと珍しくて貴重だと思います。子供の頃に買ってもらったレゴを、大人になってもぜひ使いましょう。

もう一度、レゴで遊びたい

レゴで作った家小学生だった頃の話になりますが、レゴブロックでよく遊んでいました。

当時、近所のショッピングセンターに「おもちゃ屋」があって、よく行っていました(今では閉店して、お店はなくなってしまいました)。
そこではレゴブロックも販売していたので、見かけて欲しくなり、親に買ってもらったのを覚えています。

当時どんな物を作っていたのか、ほとんど忘れてしまいました。ですが一つ、ハッキリと覚えている物があります。飛行機のような翼を持った乗り物を作っていた事を覚えています。

大人になった今では、ブロックを始め、「おもちゃ」で遊ぶ事はなくなりました。毎日仕事で商品の宣伝(営業活動)をして、売上アップを目指す日々が続いています。こんな日常では心に余裕がないので、遊ばなくなったのでしょう。

だけどレゴブロックなら、大人が遊んでも「きっと楽しい」と思います。

経済的に「ゆとり」ができたら、毎日レゴ三昧な日々を送ってみたいと思ったりしています。