「会社設立の手続き」を、代行してもらいましょう

会社設立の手続き代行

専門家による手続き代行

会社を設立するためには、会社の商号や目的を決める事から始めて、最後に登記を完了させる事が必要です。
会社を設立する本人が、このような「一連の手続き」を行なう事は可能です。しかし不慣れなため、かなりの時間を費やす事になるでしょう。そうなると、本来すべき会社の業務を行なう時間が少なくなり、本業に悪影響が出るかもしれません。

もしも「会社設立の手続き」を速やかに進めたいなら、司法書士や行政書士などの法律の専門家に依頼する方法があります。
特に、本来の仕事の準備に集中したい場合、専門家に依頼できる作業については任せたほうが良いです。

司法書士

例えば、法律の専門家の一人である司法書士に頼めば、株式会社設立や合同会社設立などの会社設立に関して、「登記手続き」を行なってくれます。「会社設立の手続き」の中でも、特に大変と言われている登記手続について、作業を代行してくれます。

そして希望すれば、司法書士は「登記手続き」だけでなくて、会社設立に関する「全ての手続き」を行なってくれます。さらに事業形態に関する有益なアドバイスもしてくれるそうです。

以上のように、司法書士は会社設立を力強くサポートしてくれる頼もしい存在と言えます。ぜひサポートを、お願いしましょう。

なお、会社を設立する際、司法書士は法律的なアドバイスをしますが、認可などの「行政上の手続き」に関しては扱いません。
「行政許認可の手続き」の相談や代行依頼については、行政書士が行なうことになります。行政書士事務所の中には、「会社設立の手続き」を得意とする所が多くあります。

手続き代行サービス

「会社設立の手続き」の代行サービスがあります。
この代行サービスは、主に東京都を始めとする関東近辺に多く見られます。やはり多くの企業家が、人口が集中する東京都で会社を作りたい、ということなのでしょう。

しかしだからと言って、代行サービスは関東近辺だけ対応するということはありません。
地方在住で会社設立を行ないたいという人は、インターネットなどを利用すれば、手続き代行のサービスを利用できます。
つまり東京または地方で会社を作りたい人にとって、利用できる代行サービスと言えます。会社設立を考えている方は、このサービスの利用を検討してみましょう。

専門家の力を借りましょう

法律の専門家

法律の専門家・イメージ画像

いち早く会社の設立を願っているのに、時間的に「手続き」を実施するのが難しい。そんな理由で一歩踏み出せない人が、いるかもしれません。
こんな時、「会社設立の手続き」を代行してもらえば会社運営の準備に集中できると思います。

ちなみに「会社設立の手続き」の中で、定款の作成がとても難しいと言われています。一度認証を受けてしまうと、訂正はできません。なので、極めて慎重に作成しなければなりません。
重要なことなので、やはり専門家の力を借りると良いです。

現在、定款においては、電子定款が認められるようになりました。
電子定款で認証を受ければ、収入印紙が不要となり、お金の節約になります。
なお、電子定款を作成するには、電子証明書を取得している専門家に依頼してください。

ところで会社を設立した後も、本来の業務に集中したいと思うでしょう。なので引き続き、専門家の力を借りると良いです。
お金に関する専門家は、税理士や公認会計士です。税務関係の事で、力を貸してもらえます。
社会保険・労務に関する専門家は、社会保険労務士です。「社会保険の手続き」などは、とても「ややこしいもの」が多いです。なので経営者は、専門家の力を借りたいと思うでしょう。

本来やるべき仕事をし続けるために、これら専門家に力を貸してもらいましょう。