資格を取得して、カフェオーナーになりましょう

コーヒーの資格

コーヒーは「とても奥深い飲み物」であり、とても「親しみやすい飲み物」でもあります。コーヒーは、それを作る人によって「味に違い」が出ると言って良いでしょう。「コーヒー豆」や「その淹れ方」によって、味が違って来るからです。

コーヒーの専門家にコーヒーを淹れてもらうのもいいですが、ご自身で淹れてみたいと思っている人もいるでしょう。そんな方は、コーヒーコーディネーターという資格を取得してみましょう。

コーヒーコーディネーターは、例えば通信講座にあります。なので、ご自宅で学べる資格と言えます。コーヒーの美味しい淹れ方やコーヒー豆の知識、オリジナルブレンドの作り方など、コーヒーに関する基礎知識を「しっかりと学べる講座」となっています。

ちなみにコーヒー以外の講座の中には、喫茶店を開業するまでのノウハウを学べる講座もあるそうです。もしもコーヒー・カフェを開業したいと思っているなら、そのような資格を学ぶほうが、よりスムーズに開業できるかもしれません。

実はカフェをオープンするのが夢だったという人は、開業に関する講座も合わせて受講してみましょう。

カフェオーナーに必要な資格

私は、仕事の休憩時間にコーヒーをよく飲んでいます。淹れたてのコーヒーを飲むと、「仕事の疲れ」がなくなってゆく気がします。普段はインスタントコーヒーばかり飲んでいますが、コーヒー専門店のコーヒーを飲むのも好きです。やはり専門店のコーヒーは、一味違う気がします。

半分冗談で、カフェのオーナーになってみたいなんて思ったことがあります。ところで、実際にカフェオーナーになるには、資格が必要です。どんな資格かというと、

食品衛生責任者資格という資格です。これは飲食店経営に必要な資格だそうです。

カフェ私の場合は、半分冗談でカフェオーナーになりたいなんて言っています。ですが本気でカフェのオーナーになりたいなら、先程の資格を取得する必要があります。

ある職業をやりたい場合、資格の取得が求められる場合があります。勉強は苦手だから資格の取得は無理、なんて諦めたら、やりたい仕事も諦めることになってしまいます。

ちなみに資格の取得は、独学以外にも方法があります。例えば、資格専門のスクールや通信教育などがあります。
スクールや通信教育などを利用すれば、一人で勉強するよりも効率的に資格の勉強をできるかもしれません。独学だと思うように学べず、やる気を失ってギブアップしてしまうかもしれません。

もしも仕事をするために資格が必要なら、ぜひ頑張って取得してください。それが夢を実現する第一歩となるでしょう。