日本人と「馴染み」が深い、豆乳食品で痩せましょう

豆乳の食品

大豆を使った加工食品は、たくさんあります。その中で豆乳に関係がある食品を、ご紹介したいと思います。

  • 豆乳:大豆を水につけて、加熱して粉砕し、絞った乳状の物。
  • 豆腐:「にがり」で豆乳を固めた物。固め方の違いによって、「木綿」「絹こし」と名前が違います。
  • おから:豆乳を絞った後の「しぼりかす」です。卯の花とも呼ばれています。
  • ゆば:豆乳を熱した時に、表面に膜ができます。それを「すくい上げた物」。

大豆豆乳は、ダイエット食品でよく使われています。食事の前に豆乳を飲むと、腸内環境を整えてくれて、余分な糖質の吸収を抑えてくれます。
さらに豆乳は「腹持ちが良い」ので、通常の食事の「食べ過ぎ」も防いでくれます。
他にもダイエットだけでなく、「骨粗しょう症やボケ、がん」の防止や便秘解消も期待できます。

豆乳食品を食べてダイエット

最近では、コンビニエンスストアなどで豆乳を使ったジュースもあります。そういった食品を利用して、ダイエットしても良いでしょう。

色々なタイプの豆乳を試していれば、毎日飽きないで豆乳ダイエットを続けられると思います。

日本人に「馴染み」がある低カロリーな健康食品、豆乳で痩せましょう。

例えば豆乳を使ったダイエット食品には、お菓子の豆乳クッキーがあります。
味には、飽きのこないプレーン味や、ちょっと甘いココア味などがあったりします。美味しいクッキーなので、食べ続けられると思います。

豆乳クッキーダイエット

「美味しい『お菓子』を食べて、痩せられたらいいのに……」

 

チョコレート・クッキー

お菓子でダイエットなんて、ちょっと嬉しいです。
お菓子のクッキーで痩せようとするダイエットの一つに、豆乳クッキーダイエットがあります。低カロリーな豆乳クッキーを食べて、痩せることを目指します。

クッキーとはご存知の通り、洋菓子であり、手作り風の焼き菓子のことです。小麦粉・牛乳・砂糖などを混ぜて焼いた食品です。

豆乳とは、水に浸した大豆をすりつぶし、水を加えて煮詰めて、こした液です。色と食感が牛乳に似ています。その色は、濁った白色です。「豆腐」や「ゆば」の原料です。
豆乳そのものは、ダイエット食品として人気があります。また、豆乳鍋などで、料理の食材としても人気です。

以下に豆乳クッキーの特徴を、ご紹介したいと思います。

満腹感

「おから」がクッキーに入っていたりして、お腹が「いっぱい」になります。水を含むと、お腹の中で膨れます。

低カロリー

一例になりますが、クッキー1枚で約150キロ・カロリーほどしか、ありません。

バランスが良い栄養

ミネラル・ビタミンなど、普通の食事・1食分に必要な栄養が入っています。

美味しい味

専門の料理人(シェフ)が、クッキーの味や食材を監修している商品があります。

ダイエットの「やり方」

1日に1食だけ「普段の食事の代わり」に、このダイエット用「豆乳クッキー」を食べます。なので「このクッキー」は、1日に1食という食べ方に合わせたクッキーが多いです。

食べ方としては、例えば昼食を「豆乳クッキーに置き換えるだけ」という方法になります。その場合、朝食と夕食についてしっかりと食事を取れば、それほど体調を崩すことはないでしょう。よって、健康的に痩せられると思います。

痩せる効果を考えると、「夕食の代わり」に食べると効果的です。あと、クッキーを食べる時にコップ1杯以上の飲み物を飲むと、より満腹になります(各商品により、「食べ方の違い」があると思います。商品説明文を、ご確認ください)。

豆乳クッキーを用いたダイエットなら、お菓子を食べてダイエットできます。なので「お菓子を我慢するツラさ」を軽減できます。よって明るく楽しくダイエットできる、と思います。

ダイエットに失敗してしまう、主な理由は2つあります。
1つは極端な食事制限により、栄養バランスを崩してしまうことです。
もう1つは、お腹が空くことでストレスを溜めてしまうことです。
このような「悩み」を解決してくれる方法の一つに、クッキーダイエットという方法があります。