足裏の余分な角質をケアしましょう

皮膚の表面にある角質

角質とは、皮膚の表面の死んでいる細胞みたいな物です。細胞は死んでいるのですが、外の刺激から守ってくれる物です。そして、体内の水分が出てゆくことを「防いでくれる働き」もあります。
しかしこの角質が原因で、くすんだり乾燥したり、ニキビができたりします。

角質を除去する方法としては、ピーリングが良いです。例えばピーリング・ジェルを使うと、古くなった角質を取り除けます。

余分な角質を除去することで、肌のキメが整います。正常なターンオーバーを促して、普段使っている美容液やクリームの浸透を高めてくれます。
新陳代謝が活発になると、肌が次から次へと生まれ変わっていきます。よって、ツルツルな肌になってゆきます。

角質が硬くなりやすい「足の裏」

女性の足裏足の裏は、常に体重が掛かっています。よって、どうしても角質が厚くなり硬くなる部分です。
硬くなる状態を、「タコ」と言っています。手に出来る「タコ」と同じ状態です。

足の裏は、唇などと同じように皮脂腺が少ない部分です。なので乾燥しやすいです。
もしも手入れをしないと、皮膚がどんどん厚くなっていきます。厚くなってゆくと、ますます乾燥しやすくなり、ヒビ割れしてしまいます。

軽石で、角質ケアをしましょう

足の裏の皮膚が厚くなってきた場合、入浴で皮膚が柔らかくなった時に軽石で「こすって」、余分な角質を落とすと良いです(ただし無理して、こすらないようにしてください)。

そして「お風呂」から上がったら、尿素を含む保湿クリームを塗りましょう。尿素には、古くなった角質を取り除く作用があるからです。