手軽に野菜を取りたいなら、野菜ジュースを飲みましょう

野菜不足に注意

野菜は人間の健康や体を作る際、とても大切な役割を果たす食品です。そんな野菜が「もしも不足」すると、どのような症状が起きるでしょうか。

野菜不足によって起こる主な症状は、便秘や肌荒れ、病気の予防をしにくくなる事です。

しかし野菜は、なかなか必要な量を食べられない食材のようです。野菜を「たくさん食べれば健康に良い」とわかっているのですが、そんなに食べない物のようです。

一日に必要な野菜の量

野菜

ところで、一日に必要な野菜の量は350gと言われています。そのうち120gの緑黄色野菜を取ると良い、とされています。

しかし平成13年(2001年)の国民栄養調査の結果によると、多くの日本人が必要量の約8割ほどしか、野菜を取れていない事がわかりました。
また、果物についても、必要な量を摂取できていないのが現状のようです。

積極的に野菜を取る事によって、ガン予防なども期待できます。
毎日の食事に、ぜひ野菜を食べましょう。

野菜不足を解消する方法

野菜不足は、現代人の食生活において悩みとなっています。
成人一日当たりの野菜の必要摂取量は、約350gとされています。普段から食生活に気をつけている人でも、毎日350gの野菜を取るのは「なかなかできない」でしょう。

野菜不足を解消する方法の一つとして、サプリメントがあります。例えばビタミン類やミネラル類のサプリがあります。他にも、青汁の粉末状のサプリメントなどが販売されています。

あと、野菜ジュースなどで栄養を補うという方法もあります。そして最近では、野菜不足を補うための加工食品も多く登場しています。

野菜ジュースを飲みましょう

野菜ジュースを飲む女性たくさんの野菜を取れる食品は、様々あります。加工食品においては、フリーズドライやレトルトなどから、野菜を取れる物が増えています。

そんな食品の中でも、より簡単に野菜を取れる物は、野菜ジュースです。
野菜不足を実感している人は、野菜ジュースを飲みましょう

カゴメの野菜ジュース

野菜ジュースは、コンビニやスーパー、自動販売機などで、簡単に買えます。色々なメーカーから様々な種類のジュースが、発売されています。

その中の一つに、カゴメの「野菜生活100」という野菜ジュースがあります(2008年当時)。「甘み」が感じられる味ですが、砂糖は無添加であり、塩・着色料・保存料も無添加ということです。とても健康的な飲み物と言えます。

「野菜生活100」は、いくつかの種類に分かれています。それぞれに含まれている野菜や見た目の色などから「緑の野菜」「赤の野菜」、「黄の野菜」「紫の野菜」、「オレンジ色のオリジナル」というように、種類が分かれています。

カゴメの「緑の野菜」は、ほうれん草などの緑色の野菜を中心にして、果物も4種類含まれています。コップ一杯で、一日に必要な緑黄色野菜(120g)を摂取できるということです。

また「赤の野菜」については、果物が9種類含まれています。赤い色は、「トマト・ピーマン・ビート・赤じそ」などによる色です。
そして「赤い野菜」には、りんご・いちご・ざくろ・アセロラ・レモン・クランベリー・ラズベリーなども含まれています。野菜が苦手な人でも飲みやすい味になっている、と思います。

ところで「赤い野菜」の栄養素と言えば、リコピンがあります。これは、緑黄色野菜の天然色素の一つです。「活性酵素を除く働き」をします。

毎日飲みましょう

このような野菜ジュースは、

野菜が嫌いな人や野菜不足の人にとって、ぜひ飲んでいただきたい飲み物と言えます。

野菜ジュースは、食事と一緒に取りやすい飲み物です。なので毎日の食事の際、ぜひ飲んでください。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム