ダイエット中だからこそ、魚を食べましょう

ダイエット中では、普段の食事に魚を取り入れてください。ダイエット中だから「脂が乗った魚を食べない」ということをしないでください。

また、ダイエット中では、骨のある魚を食べましょう。
骨があると手間が掛かります。よって「食べる速さ」が、ゆっくりになると思います。ゆっくりと味わって食べることで、満腹感を得られるでしょう。

おすすめの魚は、アジ・サンマ・サバ・イワシなどです。

良質のタンパク質

ところで魚介類は、良質のタンパク質が平均して20パーセントも含まれているそうです。
海に囲まれている日本では、魚介類は重要なタンパク源となっています。
タンパク質は、人の体に必要な栄養素です。なので、ダイエット中でも摂取しましょう。

魚介類に含まれているアミノ酸組織は、とても良質な物です。不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。
また、必須アミノ酸の一つ・リジンを多く含んでいます。このリジンは、穀物類に不足しがちな必須アミノ酸の一つです。

青魚では、不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサ塩酸)やEPA(エイコサペンタ塩酸)を多く含んでいます。
ただし、多くのDHAとEPAを含んでいる青魚は、高カロリーな物が多いです。ダイエット中に食べる際には、食べる量と食べる部分を「しっかりと決めておく事」が大切です。

魚の選び方

アジダイエットに効果的な魚を選ぶ時のポイントを、ご紹介したいと思います。

一尾魚(いちびざかな)については、傷や変色がない物を選びましょう。光沢がみずみずしくて、その魚が持っている特有の色彩が「はっきりしている物」を選んでください。

魚の切り身については、全体的に透明感があって、身と血合いの境目や身と皮の境目が「はっきりとしている物」が良いです。
また、赤身の場合は綺麗な赤色をしており、切り口の部分が油っぽくない物を選びましょう。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム