気軽に飲めるハーブティーで、便秘を解消しましょう

ハーブは、「料理の風味付け」や「香り付け」などに使われています。食卓に野菜を取り入れる方法の一つ、と言えます。

日本では、ハーブは料理の脇役的な存在です。お茶にして飲むことが、主流となっているようです。しかしヨーロッパでは、中国の漢方と同じ様な役割を持っており、日常の生活に取り入れられています

ハーブティーと聞くと、お店で飲む物だと思っている人が多いかもしれません。紅茶やコーヒーと比べて、あまり身近な飲み物ではないと思っている人が多いようです。

ハーブティーはお茶や紅茶と大差がない飲み物と言えます。気軽に家で作って、飲んでみましょう。
ご自宅に、洋食器のティーカップがあると思います。紅茶用に作られたカップで、口が広くて底が浅いカップです。ティーカップは紅茶用に作られたカップですが、ハーブティーを注いで飲むのに使えます。自宅でハーブティーを飲むために、気軽にティーカップを使いましょう。

便秘解消に役立つ飲み物

ティータイムの際に、ハーブティーを飲んでいる方もいると思います。気分転換に良い飲み物と言われているハーブティーは、実は便秘解消にも役立つ飲み物です。

便秘を解消させるためにハーブを利用する場合、お茶で飲むと良いです。 直接「腸に効くから」です。

ハーブティー市販されているティーバッグが、利用しやすいでしょう。また、お湯に「生のハーブ」を浮かべても良いです。

例えばフェンネルというハーブは、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を整えます。ミントも、同じように整えます。これらのハーブは、けいれん性の便秘に「おすすめ」と言えます。

「ハーブの香り」は強いので、苦手という方もいると思います。ですが薬として、効き目のある薬草です。健康維持のためにも、普段の生活に取り入れたい食材と言えます。
ただしハーブティーは、癖になることがあります。無理して毎日飲まないほうが良いでしょう。困った時に薬草として飲むという風に、利用しても良いです。

リラックスして便秘解消

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。そして副交感神経は、リラックスしている時に働く神経です。副交感神経は血管を広げるため、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。腸の蠕動運動は、便の排泄を促します。よってリラックスする事は、便秘解消に良い影響を与えます。

交感神経は、緊張している時に働く神経です。血管を収縮させて、心臓をドキドキさせます。腸の働きについては、抑制してしまいます。よって緊張状態が続くと、やはり健康に悪いでしょう。

多くの場合でリラックスする事は、健康にとても良い事です。多くの人たちが、納得できる事だと思います。もしもハーブティーを飲んでリラックスできるなら、健康そして便秘解消に良い影響を与えると思います。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム