冬に太りやすいなら、運動して筋肉を増やしましょう

冬に太りやすい人の基礎代謝量

ダイエットを成功させるためのポイントの一つは、基礎代謝です。この基礎代謝は、性別や年齢、生活環境や体格などによって大きく違います。個人差があるものと言えます。

この基礎代謝に「まつわる話」の一つに、冬になると太りやすい人は基礎代謝が少ない、という話があります。

寒い時、筋肉が多い人は、体温を保つために基礎代謝の機能が働いてエネルギーを消費します。

一方、筋肉が少ない人は元々の基礎代謝量が少ないので、体に脂肪を蓄えることで体温を保とうとします。

以上の「違い」により、寒い季節に「太りやすい・太りにくいという違い」が起きてしまいます。

冬の季節に太る事を防ぐには、日頃から運動する事で筋肉の量を増やしておく事が有効です
例えば秋の季節に運動を行なう事で、冬になっても「太りにくい体にしておく」という対策があります。痩せたい方は、基礎代謝と筋肉の量について意識するようにしましょう。

冬だからこそウォーキング

冬でも歩こう寒さ厳しい冬の季節では、家から出たくないと思う人も多いことでしょう。私もそう思います。可能なら一日中、布団の中から出たくないです。

しかしそんなことを言っていたら、運動不足になってしまいます。
冬の季節でも天気がいい日は、ウォーキングするほうが良いです。冬は空気が冷たいけれど、澄んでいると思います。なので意外と気分良く歩けると思います。

防寒グッズを使いましょう

ただし冬にウォーキングする際は、体温調節に気をつけるようにしましょう。やっぱり外は寒いからです。歩いていると体が温かくなりますが、それでも防寒グッズは必須です。例えば冬の冷たい北風から体を守るために、ウインドブレーカーは必須でしょう。天候の悪化に備えて、雨除けとなるレインコートも用意しておくと良いでしょう。

インナーウェアを普段と比べて、もう1枚プラスして着るのもいいと思います。歩くのをやめて休憩した際、体が冷えるのを防いでくれるからです。あと、体温は首の周りから逃げて行くので、マフラーを使うと良いでしょう。

防寒グッズを活用すれば、寒い冬でも問題なくウォーキングできます。家の中に閉じこもっていないで、たまには冬空の下を歩いてみましょう。筋肉の量も、きっと増えると思います。

ウォーキング
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム