転職する前に適性検査をして、自分に向いている仕事を探しましょう

転職の理由

転職の理由には、人それぞれ様々な理由があると思います。
よく言われている理由として、

  • 人間関係が、うまくいかないから
  • 仕事の内容が、自分に合わないから
  • 自分の能力を、充分に発揮できないから
  • 給料や長時間労働、会社の経営方針という労働条件に対して、不満があるから

これらの理由があるようです。いづれの理由も、自分と仕事内容または仕事環境との不適合が原因と言えます。

ちなみに労働条件や勤務条件については、事前の情報収集でわかる場合があります。会社の経営方針や給与体系、労働時間(残業が多い)などの情報は、事前に調べ出せる可能性があります。
求人情報の中には、会社の状況について「かなり詳しく伝えているもの」もあります。そのような求人情報なら、求職者と会社の相性(求職者と会社のお互いが必要としているか)、ハッキリわかると思いました。

ただしブラック企業の場合では、「求人情報そのもの」が嘘の可能性もあります。嘘の求人情報もあったりしますが、後悔しないためにも可能な限り事前に調査しておきましょう。

就職する前に自己分析

「仕事の内容」と「自分の性格」の相性については、就職する前に自己分析することで、ある程度わかる可能性があります。
せっかく就職したのに「仕事の内容が自分に合わない」という理由で会社を辞めるのは、もったいない気がします。

自己分析では、自分の過去や性格を再確認したり、自分の志向・価値観などを見つめ直したりして「どんな職業に向いているのか」を探る事になります。

適性検査

適性検査自己分析をする際は、適性検査を利用できます。適性検査には、職業適性検査や適職診断があります。就職支援サイトなどで、検査を受けることができます。

これらの適性検査とは、「統計の共通点」と「個人の結果」との一致を探す事より、適性を測定するものです。
共通点とは、基本的に様々な職種の人に対して行なった検査の統計における、共通する傾向を抽出したものです。
適性検査を受けることで、独自で自己分析するよりも潜在的な資質を知ることができます。客観的に判断する際に役立つでしょう。

どんな仕事が自分に向いているのか、迷っている時、適性検査の結果も参考にしてみましょう。そして自分に向いている仕事を、ぜひ見つけてください。

仕事診断の結果の例

最後に、ある人の仕事診断に関する結果を、ご紹介したいと思います。

性格診断みたいに仕事診断をしたようですが、結構当たっていたそうです。
その人は「仕事が大好き」と診断されました。仕事に関する夢や希望に向かって働ける人なので、仕事仲間からはとても好かれているという事でした。

ただし「仕事に対する好み」は、激しいようです。自身が「やりがい」を感じられる仕事に対しては一生懸命に仕事をしますが、興味のない仕事は手を抜くことがありそう、ということです。

あと、自分の意見に反対されると、落ち込むことが多いと診断されました。仕事が大好きな分だけ、自分の意見や企画が否定されると、がっくりする性格のようです。

仕事に関する性格診断を受けることは、あんまりないと思います。ですが、就職や転職を考えているなら、事前に受けてみると良いでしょう。もしかしたら、適職が見つかる「きっかけ」になるかもしれないからです。