雨漏りしていないか、屋根の点検をしましょう

とても大切、屋根を点検する事

屋根・屋根瓦については、点検が必要です。屋根瓦が飛んでしまうという事故を起こす前に、点検しておきましょう。

ストレート屋根に使われている棟板金は、「貫(ぬき)」という木材に釘で留めてある物です。その貫が腐食してしまうと、ちょっとした風が吹いただけで、すぐに釘が抜けて外れてしまいます。
また、瓦の取り付けが緩んでいる場合、強い風が吹けば瓦自体が飛んでしまうこともあります。大変に危険です。

屋根については、どんな材料で覆われていても10年以内の定期的な点検が必要と言われています。その時の点検で、「腐食や緩み」のメンテナンスをしっかり行ないましょう。
屋根のふき替え時期を見逃さないように注意することが、とても大事です。

「雨漏り」の点検をしましょう

雨どい屋内に入ってきた雨水は、家の構造部分を伝わりどんどん流れて行きます。

天井から垂れて来たとしても、その真上の屋根部分に問題があるとは限らない場合もあります。

また、家の中に水が垂れてこない場合は、雨水が軒先に流れていることもあり、気づいていないだけ、ということもあります。

なお「雨漏り」は、屋根からだけとは限らないです。外壁からの「雨漏り」もあります。
例えば台風が来た時は、とても強い風が巻き起こります。なので、雨水が普段は掛からない場所にも、雨が吹き付けられてしまいます。

これらを放置しておけば、どうなるでしょうか。大切な構造部分が腐食してしまいます。
よって、家の寿命を激減させることになってしまいます。

屋根そして外壁の「点検」と「メンテナンス」を、しっかりしていくことが大切です。
定期的に点検やメンテナンスを行なって、

大切な財産である家を守っていきましょう。
住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム