毎日使っているキーボードを、清潔に保ちましょう

雑巾では駄目だった、キーボードの掃除

keybord-cat

毎日パソコンを使っている場合、キーボードは相当汚れていると思います。それなのに、サッとホコリを拭く程度で、実はしっかりと掃除らしい事をやっていませんでした。

これではいけないと思い、固く絞った雑巾で、水分の影響がなさそうな所を拭いてみました。でも本当にそれで良いのか?と思い、少し調べてみました。
「水拭きは厳禁!」でした……。

なお、固く絞った雑巾も不適切だったのかしら?と思ったら、やっぱり駄目でした。雑巾を使うよりも、固く絞った不織布(ふしょくふ)で拭くと良いそうです。タオル類だと細かい繊維・ケバなどが残ってしまうので、不織布が最適ということでした。

キーボードを、正しく掃除しましょう

キーボードの掃除については、普段は、静電気でホコリを吸い取ってくれるホコリキャッチャーで、サッと掃除しておきます。

パソコンの前で、お菓子を食べている人もいるでしょう。そんな人のキーボードの隙間には、お菓子のカスやらホコリやらがあったりして、凄い事になっています。
こんな時は、掃除機で掃除してみましょう。見た目にはわからなかった、たくさんのホコリを吸い取れます。

続いて、キーボードの本体やキートップを綺麗にします。
OA専用のクリーナーで、「汚れ」を落とします。
キーとキーの間は拭きにくいので、綿棒を使うと便利です。

綺麗にキーボードを拭き掃除したい場合は、 OAクリーナーと呼ばれているウェットティッシュを使うと便利です。このウェットティッシュは、パソコンで使える物になっています。

掃除の手間を省けるキーボードカバー

キーボードを清潔な状態に保つ場合、キーボードカバーを使えば「もっと楽できる」と言えます。

汚れるのはカバーなので、キーボードを掃除することはほとんどありません。

なお、キーボードのカバーが汚れたら、新しいカバーに買い換えることになります。
キーボードの掃除をしなくても良いですが、カバーの代金が掛かります。

あと、品質の悪いキーボードカバーは、かえってキーボードを汚すことがあります。
長い間キーボードカバーを使っていると、カバーの一部が(特に、指先で押される部分が)溶けた状態になり、カバーのカスがキーボードにくっついて「汚れ」となります。

キーボードカバーを選ぶ際は、品質の良い物を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました