水道水からミネラルウォーターを作りましょう

そのまま飲める水道水

水栓水道の水を「そのまま飲んでも大丈夫」という国は、世界の中で限られています。
日本は、水道水を直接飲める国の一つです。日本では、蛇口をひねれば飲める水が出てきます。これは世界では珍しい、と言えます。

一般的に外国では水道水を飲めないので、ミネラルウォーターを買って飲んでいます。日本みたいに健康に良いからといって、ミネラルウォーターを飲んでいる訳ではありません。

ミネラルウォーターは自然の地下水から生成された物で、ペットボトルに入れられて販売されています。現在では日本でも、ペットボトルのミネラルウォーターを飲んでいる人は、たくさんいます。

外国の水事情

海外に行く際、水と氷に注意する必要があります。外国の中には、水は安全であると言われている国もあります。だけど心配な人は、ミネラルウォーターを購入しましょう。
長期滞在する方は、浄水器を持って行くと良いです。現地では、高性能の浄水器を売っていないことがあるからです。

なお、以前の日本には、ミネラルウォーターという水はありませんでした。これは、外国から入ってきた水と言えます。水の事情については、それぞれの国によって大きく異なっています。日本について言うと、水道の水を飲める国と言えます。

綺麗な水と言える水道水

昔の日本では、確かに水道水の味は「まずかった」です。ですが今では、とても綺麗な水になりました。
綺麗な水が身近にあるという恵まれた水環境について、今一度考えてみましょう。もしも「お金を節約したい」と強く思っているなら、市販のミネラルウォーターをわざわざ買ってきて飲む必要性はないでしょう。

水道水から作れるミネラルウォーター

ちなみに日本の水道水について、ミネラル成分は市販のミネラルウォーターと同じくらいの量が含まれている、という指摘もあります。なので浄水器を使って水道水をさらに綺麗にすれば、市販のミネラルウォーターと同じくらいの水になるでしょう。

例えば高品質な浄水器を使用すれば、

自宅の水道水でも、成分的にはナチュラル・ミネラルウォーターと同じような水となります。

もしも水道の水が「いまいち美味しくない」と思っているなら、家庭用の浄水器を取り付けることを検討してみましょう。

日本人の体に合う「浄水器の水」

おいしい水

美味しい水のイメージ画像

一例になりますが、慢性疲労を防ぐ方法の一つに、体に良い水をしっかりと取り入れる事があります。なぜなら人の体の約60%が、水で出来ているからです。そして水は、老廃物を尿や汗として排泄してくれるからです。

なお、日本人の体には、やっぱり日本の水が一番合います。硬度の違う外国の水よりも、日本の水が良いです。例えば水道水から汚染物質を取り除き、

ミネラルを残す浄水器を通した水が、日本人の体に合っています。

実際のところ日本の水道水は、そのまま飲めるくらい綺麗な水です。ですが毎日飲む水に対して、「こだわり」を持つ人が増えてきました。水の代わりにミネラルウォーターを飲んでいる人が増えてきました。これは、健康に関心を持つ人が近年増えてきた事も影響しているようです。

※なお、市販のミネラルウォーターには、最初からミネラル成分が豊富に含まれています。よって市販のミネラルウォーターのほうが、浄水器を通した水道水よりも、やはり健康的な水と言えるでしょう。

昔と比べて、とても普及した浄水器

日本で浄水器が発売された当初、あんまり売れないだろうと言われたりしました。なぜなら当時においても、日本の水道水は綺麗で安全と言われていたからです。

ですが100%安全か?と言われたら、そうでもなかったようです。たびたび水道水の安全性について疑問や批判がありました。そういう状況のためか、「浄水器の売り上げ」が徐々に増えてゆきました。そして現在では、

多くの家庭の台所で、浄水器を見るようになりました。

ちなみに浄水器と呼ばれる物には、多数の種類があります。活性炭を使用しただけというシンプルなタイプの物から、ほぼ全ての有害物質を取り除いてしまうという高機能なタイプの物まで、実に様々な浄水器が販売されています。

高機能な物ほど、価格も高額になってゆきます。しかし、長期にわたって毎日使用することを考えると、浄水器の購入は「お得な買い物」と言えるでしょう。例えば、毎日コンビニでペットボトル入りのミネラルウォーターを買っている人なら、浄水器のほうがトータルコストにおいて安くできると思います。

※ちなみに家庭用の浄水器で、家庭の水が流れる根元部分で浄水する物(元付け型浄水器)なら、「台所の水」も「お風呂の水」も浄化できます。
家中の水をミネラルウォーターにしたい方は、このような「元付け型の家庭用浄水器」を使うと良いです。

浄水器
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム