子供の健康を考えて、子供部屋を快適な寝室にしましょう

子供部屋を快適な寝室にする工夫

子供部屋を眠りやすい寝室にするためには、気をつけておきたい事があります。どのような事に気をつけると良いでしょうか。

ここでは「温度」や「音」「明かり」に関する工夫ついて、お話したいと思います。
寝室で「ぐっすり眠るため」には、「温度や湿度」を調節することが大切です。そして「音や明かり」についても、同様に大切と言えます。

温度

まずは温度ですが、ここでは布団の中の温度について言います。心地良い温度は、夏の季節では25度くらい、冬の季節では13度くらいが適温である、という意見があります。

次に音についてですが、生活音などが「うるさい」と、やはりぐっすりと眠れません。静かな部屋で眠るほうが、良質な睡眠を得られます。

静かな夜では、小さい音でも気になってしまうことがあります。
外から聞こえてくる生活音が気になる場合は、厚手のカーテン(遮音効果をうたっている防音カーテン)を使うようにしたり、二重窓(二重サッシ)にしたりしましょう。ある程度、外からの騒音を防げると思います。

明かり

大人そして子供さんも、寝室が明るすぎると脳が刺激されて眠れなくなります。
もしも「明るさ」が気になる場合は、カーテンを遮光カーテンにしてみましょう。

健康を考えてベットを選びましょう

心地よいベッド子供部屋のベッドを選ぶ場合は、子供の体型や健康を考えて選びましょう。

ベッドを選ぶ時は、「手触り」や「座った」だけでは寝心地を判断できないでしょう。必ず実際に横たわり寝てみてから、ベッドを選ぶようにしてください。
子供さんにも、実際にベットに横たわってもらい、感想を言ってもらいましょう。

子供部屋のベッドを選ぶ時、重要なポイントの一つはマットレスの選択です。
実際に寝心地を確かめてから、購入するようにしましょう。マットレスの主要部分であるスプリングには、様々な形式があるからです。本人が確認することが大切です。
仰向けに寝た時、背骨のS字曲線が本人にとって心地良くて、その「心地良さ」を保てることが理想的と言えます。

寝返りしやすい寝具

人は寝ている最中でも、動いています。特に子供の場合は、「寝返り」をよく打ちます。活動的な場合、頭が枕の上にあったはずなのに、朝起きた時は足があった(子供の体が180度回転した)なんて事も、よくあると聞きます。
こんな事を聞くと子供用の寝具には、子供の「体の動き」を邪魔しない事が求められる、と思います。

あと、子供が寝ている時に動き回っても、布団がずれてしまわないようにする事も大事です。布団がずれて子供の「お腹」が出てしまったら、お腹が冷えてしまいます。
また、子供は汗をよくかくと聞きます。なので子供の布団は、自宅で洗濯できる素材を用いた物が良いです。清潔な布団のほうが気持ち良くて快眠に繋がる、と思います。

安くて良いベッドを選びましょう

子供部屋のベッドと言っても、実に様々な物があります。その中から、子供の身体に合う物を選ぶのは、なかなか難しいでしょう。

販売価格でベッドを選ぶ事も、よくある事だと思います。しかし、「値段の安さ」だけを見てベッドという寝具を選ぶのは、最良とは言えません。なぜなら、ベッドは子供の健康に影響を与える物だからです。子供が良質な睡眠を取るには、ベッドや布団が良品である事が大事です。毎朝、元気よく起きるためには、それなりの寝具が必要です。

例えばベッドの品質を確認する際、JISマークや衛生マークが付いているかどうか、確かめましょう。各種の基準を満たしているかどうかを、確かめてください。

なお、激安のベッド全てが悪い品質であるという事ではありません。ベッドを始めとする寝具は、工場で効率良く大量に生産されています。なので、昔より価格が安くなっているのは自然な事です。
安いベッドを買う際、これは子供の健康を維持するための寝具であるという事を意識して、より良いベッドを選ぶようにしてください。