ハードディスクのクラッシュに備えましょう

突然のハードディスク・クラッシュ

突然、浮かび上がる黒い背景に白い文字。
表示されているのは「ERROR」という文字。
原因は、「内蔵ハードディスクそのもの」が壊れてしまったからでした。

こんな時、例えば一台のハードディスク装置において、CドライブにOSを保存して、Dドライブにデータを保存しておく、というようにドライブを分けているから安全だ、と思いたいです。Dドライブのデータは「以前のまま残っている」と思いたいです。

ですがドライブを分けただけでは、必ずしも安全とは言えません。なぜなら「ハードディスク装置そのもの」が壊れた場合、CドライブにもDドライブにもアクセスできないからです。
ハードディスクがクラッシュするということは、まさに「この状態」の事を指しています。

ハードディスク装置が物理的に故障したなら、どうにもなりません。新しい内蔵ハードディスクと交換になるでしょう。

意外と簡単に起こるクラッシュ

例えば「お子さん」がいる家庭の場合、パソコンのコンセントを急に抜かれてしまうというトラブルが、起きる可能性があると思います。

ノートパソコンならバッテリーを積んでいるので、まず大丈夫です。
しかしデスクトップ・パソコンの場合、もしかしたら突然にコンセントを抜いた後、パソコンのOS(例えばWindows OS)が起動しないかもしれません。そうなった場合、たぶんですが、ハードディスクがクラッシュしている可能性があります。

一つの例として、パソコンのコンセントを急に抜いた場合を挙げました。実際のところ、このような出来事は「ほとんど起きない」と思います。
ですが「何かの原因」で、ハードディスクのクラッシュは、突然、起きたりします。こんな時、ハードディスクのバックアップを取ってないと、大変に困ります。

ハードディスクのクラッシュというのは、意外と簡単に起こったりするようです。
例えば起動中のパソコンのハードディスクに振動を与えると、クラッシュする可能性があるそうです。
ハードディスクは起動していない時、ヘッドが退避エリアにあります。この時は、クラッシュすることはあまりないです。しかし動作中では、振動によってクラッシュしてしまうと言われています。

最大のトラブル・ハードディスクのクラッシュ

ハードディスクハードディスクの中身は、

  • 回転する記録用の磁気円盤
  • 振り子のように左右に移動できる読み書きヘッド
  • それらを動かすモーターと制御基盤

以上の物より、成り立っています。

通常は、「データを読み書きする役目を持つヘッド」が「データを記録する磁気円盤」から浮いた状態で、「データの読み書き」を行ないます。

しかし何らかの原因で、

ヘッドが磁気円盤に接触すると、磁気円盤に塗ってある磁性体を削り取ってしまいます。
そうすると、修復不能な故障となってしまいます。

この故障を、クラッシュと言います。ハードディスクにおける最大のトラブルと言えます。

もしもハードディスクから「カタカタ」と音が聞こえた時は、既にハードディスクがクラッシュしている可能性があります。その時は、専門の業者に調査してもらうほうが良いでしょう。

クラッシュの原因

ハードディスクのクラッシュは「強い衝撃」や「ホコリ」「湿度の異常」などが原因として考えられます。その他、長い間電源を入れていないハードディスクでも発生する、と言われています。

衝撃

ハードディスクが壊れる原因として、衝撃が一番の原因だそうです。
パソコンを起動している時は、ハードディスクは高速に回転しています。この時、ちょっとした衝撃で読み書き用ヘッドとディスクが接触すると、ディスク表面を削ってしまいます。そうすると、ハードディスクが壊れてしまいます。

もちろん、パソコン内部でも衝撃対策が行なわれています。よって普通に使っていれば、簡単に壊れることはないでしょう。

ハードディスクは、非常に精密な機械です。ハードディスクにおいては振動対策を施していますが、それでも確実な対策かと言うと、そうではないようです。
なお、パソコン本体も精密な機械です。よって、出来る限り振動や衝撃を避けるべき機械と言えます。

ホコリ

読み書き用ヘッドと磁気円盤の間隔は、タバコの煙の粒子くらいと言われるほどに、狭い隙間です。なので目に見えないくらいのホコリでも、その間に詰まってしまうと、クラッシュの原因となります。

ホコリからハードディスク装置を守るため、ハードディスクの全体は、金属製のケースの中に密封されています。

ちなみに工具さえあれば、簡単に金属製のケースを開封できます。そして分解もできます。
ただし一度でも分解してしまうと、ホコリなどが付着してしまい、組み立てたとしも正常に使用できなくなってしまいます。

結露

特に冬の寒い時期に、問題となるのが結露です。
例えば、屋外の非常に寒い場所から暖かい室内にハードディスクを移動させると、温度が上昇するに伴って、ハードディスク内部に結露が生じる可能性があります。

このまま起動したりすると、ハードディスクは壊れてしまいます。
数時間は室内にそっと保管しておき、室温に慣らしてから動作させるほうが良いです。

しばらくぶりに動作させる事

稀な事例として、ハードディスクを「しばらくぶり」に使うと、ハードディスクが傷つくことがあるそうです。

ハードディスクのヘッドでは、滑らかにするために潤滑油を使っています。この潤滑油が使われない状態が続くと、ヘッドに溜まってゆき、動かなくなったりします。そんな時に、たまたま動かしたらハードディスクを傷つける、ということです。

「しばらくぶり」の使用とは、例えばずっとハードディスクを使わずに、1年に1回、1文字だけ書き込んだら、こういう状態になるそうです。
※最新のハードディスク機器では、改善されているかもしれません。耐久性に関して、商品情報をご確認ください。

ハードディスクがクラッシュした時の対応

ハードディスクハードディスク・ドライブには、たくさんの重要なファイルやデータが入っていると思います。
パソコンが壊れてもデータだけは何とか取り戻したい、と思う方は多いでしょう。このデータさえ無事に取れるのであれば、慌てる必要もないと思います。

「ハードディスクそのもの」が全然動かなくなった場合では、交換するしかないでしょう。よってファイルやデータを、残念ですが失うことになります。

しかし「ハードディスクそのもの」が無事なら、別のパソコンを一台用意するだけでデータを復旧できる場合があります。
別のパソコンにハードディスクを繋いでファイルを取得できる事例は、

  • 「パソコンの電源周り」が故障していた場合、
  • ファイルが破損して「OSそのもの」が起動できなくなった場合

などです。

一昔前だと、パソコンの筺体を開けてケーブルを繋ぐなど、面倒な作業がありました。しかし最近のパソコンでは、USBコネクターが搭載されています。なので、ハードディスクとパソコンをケーブルで接続してハードディスクを認識させれば、データを復旧できます。
よってハードディスクがクラッシュしたからといって、慌てる必要はありません。まずは落ち着いて、「出来る限り」の事をしてみましょう。

でも実際にハードディスクが突然クラッシュしたら、パニックになってしまいます。そうなっても大丈夫なように「慌てずに確認する」と、普段から「心構え」をしておきましょう。
実はハードディスクが動かない原因が、ケーブルが緩んでいただけ(接続不良だった)なんて事も多い、と聞きます。特に外付けハードディスクの場合は、ケーブルがきちんとパソコンに繋がっているか、丁寧に確認してください。

ハードディスクのクラッシュに備える事

パソコンを構成する部品の中で、振動や衝撃に一番弱いのがハードディスク装置と言われています。そのためパソコンに振動や衝撃を与えた場合、壊れてしまう可能性が最も高いのがハードディスク装置です。

衝撃によって、仮にパソコン本体だけが壊れたなら、ハードディスクを取り出せば、データを失うことはありません。
しかしハードディスク装置が壊れてしまった場合は、修復できません。そうなってしまうと、その壊れたハードディスクから大切なデータを取り出すことは、難しいです。つまりデータを失う結果になります。

ハードディスクがクラッシュするというのは、突然やってくるものです。そういう「万が一」に備えて、普段からバックアップをしておく必要があります。
バックアップについては、バックアップ用ソフトを使うと、便利だと思います。ぜひ利用しましょう。

あと、バックアップを取るには、バックアップ先となる記憶装置が必要です。
バックアップ先の記憶装置としては、外付けハードディスクを使用できます。パソコンの内蔵型ハードディスクが壊れた場合でも、外付けハードディスクは大丈夫と言えるでしょう。内蔵型と外付け、2台のハードディスク装置が「同時に故障する事」は、ほとんどないと思います。

大容量の外付けハードディスクなら、データを始め、パソコンのOSを含むシステム全体を丸ごとバックアップできます。

タイトルとURLをコピーしました