「毛穴の黒ずみ」を解消したいなら「汚れ」を除去しましょう

老けて見える「毛穴の黒ずみ」の原因

まるでシミのように目立つ毛穴があると、老けて見られます。かなりショックです……。美顔を目指している人にとっては、汚れた毛穴は大敵と言えます。
そんな毛穴の「汚れ・黒ずみ」の原因としては、いくつか考えられます。

  • お化粧をした後において、きちんと洗顔をしていないため。
  • 「こすり洗い」をすることで、刺激を与え過ぎているため。
  • 弱酸性の洗顔剤を使っているため。
    この洗顔剤は、「汚れ落ち」が悪いです。
  • 拭き取りクレンジングをしているため。
    これは手軽にできますが、拭くことによって毛穴の奥に「汚れ」が入ったりします。

「毛穴の黒ずみ」の種類

「鼻に、黒いポツポツの毛穴が見える……、
ショック~~」

 

顔の頬(ほほ)や小鼻の横に「黒ずんだ毛穴」があったら、とても嫌です。
この目立つ毛穴のせいで、 顔の表情が変わってしまうかも?と、心配になります。
以下に、それぞれの「毛穴の黒ずみ」について、ご紹介したいと思います。

黒く汚れた物

汚れ

黒く汚れた物・イメージ画像

「毛穴の黒ずみ」とは、毛穴に詰まっている黒く汚れた物です。
この黒く汚れた物とは、「老廃物」や「ホコリ」「メイク汚れ」などです。

ちなみに、この黒く汚れた物を角栓と言います。
また、ここで言う老廃物とは死んだ細胞のような物、角質のことです。

この黒く汚れた物による「毛穴の黒ずみ」を解消する方法は、毛穴に「汚れ」を溜めない事です。
きちんと洗顔をして毛穴を清潔にすることが、この「黒ずみの対策」になります。

毛穴の影

実は「毛穴の黒ずみ」は、黒く汚れた物だけではありません。
毛穴のが、「黒ずみ」である場合があります。この影は、毛穴が「たるんだこと」によってできます。

「影による黒ずみ」を解消する方法は、毛穴の「たるみ」を引き締める事です。
例えば化粧品の毛穴パックを使うと、毛穴を引き締める事を期待できます。
また、化粧水の中には、毛穴を引き締める効果をうたっている製品もあります。ほとんどの化粧水には、少なからず毛穴を引き締める「収れん作用」の成分が含まれています。この作用を効果的にするには、化粧水をつける時に軽くパッティングすることが大切です。

ところで毛穴の「たるみ」については、20代と40代では違うそうです。
20代では、毛穴が横に広がります。過剰な皮脂の分泌が原因です。
40代では、毛穴が縦に広がります。老化が原因です。

ちなみに美容整形では、肌の「たるみ」「しわ」の防止に対して、次のような方法があります。

  • ヒアルロン酸注射。
  • ボツリヌス菌(ボトックス)注射。

両方ともメスを使わずに注射を用いる、比較的「手軽な方法」です。
これらの美容整形によって、肌の「たるみ」が原因の「毛穴の黒ずみ」を解消できると思います。

日焼けして黒くなった部分

毛穴が日焼けして黒くなった部分が、「黒ずみ」である場合があります。

「日焼けによる黒ずみ」を解消する方法は、毛穴の美白ケアをする事です。
例えば、美白の効果を期待できる「毛穴対策の化粧品」を使うと、日焼けの黒色を目立たなくできると思います。

黒ずみの原因「毛穴の汚れ」

悩む女性毎日きちんと洗顔しているのに、なぜか「毛穴の汚れ」が目立ってしまう。
「鼻」や「ほほ」の周りがポツポツと黒ずんでいるのを見て、朝から「がっかり気分」になってしまう。そんな事ありませんか?

鼻の毛穴の場合、皮脂の分泌などで広がった毛穴に「汚れ」が詰まり、黒ずんでしまうことが多いです。
※ちなみに「鼻」から「ほほ」にかけた、いわゆる「Tゾーンの黒ずみ」は、肌がたるんで、肌の毛穴が広がってしまったことが原因です。

ところで「毛穴の汚れ」とは、過剰に分泌された皮脂や古くなって剥がれ落ちた角質が、「空気中にあるゴミ」や「肌の汚れ」と混ざってできた物と言われています。
加齢、紫外線による肌の老化によって弾力を失った毛穴からは、「汚れ」が外に出にくくなって毛穴に詰まってしまい、角栓になってしまいます。

その角栓をそのままにしておくと、肌が一番必要とする水分(例えば化粧水など)が内部に入っていけず、肌の内部が乾燥してしまいます。そして、肌がそれを補うために皮脂を「せっせと出してしまう」という悪循環になります。

「汚れ」を除去して、黒ずみ解消

毛穴の掃除で注意することは、ゴシゴシこすったり、合成添加物が「たくさん入った製品」で「汚れ」を落としたりすると、かえって肌に負担を与えて、「肌荒れ」の原因になってしまう恐れがあることです。注意が必要です。

なるべくナチュラルなオイルで「汚れ」を溶かし出して、優しく取り除く方法が良いです。

となると一昔前に流行った、毛穴の上に合成クリームを塗って、固まった時にぺりぺり剥がして無理やり「汚れ」を取り除く方法は、良くなかったと言えます。

似たような方法に、卵の殻の内側にくっついている白い透明な部分、これを使う方法があります。白い透明な部分を、毛穴が目立つ鼻の頭に貼り付け、乾いたらぺりぺり剥がします。合成クリームの場合と同じように、「毛穴の汚れ」がプチプチ取れていて面白いです。
なお、こちらの方法は、肌の負担は軽いようです。卵アレルギーでなければ、そうしても大丈夫でしょう。

なお、毛穴については、定期的に掃除する必要があります。
「毛穴の汚れ」は、綺麗にしても早くて3日間で再び掃除が必要な状態になります。よって3日に1回くらいは、優しく「汚れ」を取り除く必要があります。

黒ずみ対策の化粧品を使いましょう

改めて毛穴とは、クレンジングしている女性皮膚にある小さな穴であり、そこから毛が生えています。その部分が黒ずんでいるために、肌の見た目で悩まされることになります。なんで毛穴があるの?と悩んでも、仕方のないことです。

毛穴の黒ずみ対策用の石鹸やクリーム、ホットクレンジングゲルなどを使って、肌を丁寧に洗ってみましょう。
そのような化粧品を使ってきちんと肌を洗えば、自分で「黒ずみ」を取り除ける可能性があります。

適切に毛穴のケアをして、艶やかな美肌を手に入れてください。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム