がん保険を節約しましょう

保険料を見直すがん保険では、長期入院や通院に対する保障については、各会社が特約という形で用意したりしています。

たくさんの特約を付けると、その分、保険料も高くなります。どの特約を付けてどれを付けないか(節約するか)、よく考えたほうが良いです。

ところで「がん保険」の主な保障は、がん診断給付金・がん入院給付金・がん手術給付金の3つです。
がん診断給付金については、一度だけ給付されるという会社と、何回でも給付されるという会社があります。加入する前に、しっかり確認しましょう。

注意点

がん保険では、気をつける事があります。

昔の「がん保険」の場合、「皮内がん・白血病・皮膚がん」が対象外になっていることがありました。
また、「がん」は、再発転移することがあります。その際の給付金が支払われるかどうかは、会社によって違います。
さらに良性の「がん」は対象外だったり、治療を目的としない検査入院も基本的には対象外となるそうです。

もしそうなら「医療保険」と「がん保険」の両方で、万が一に備えるほうが安心でしょう。

あと、医療保険を薄い保障のものにして、がん保険を手厚くするという方法もあります。
この場合、医療保険は保障を薄いものにするので、ある程度「自己負担する」ということになります。

※保険商品は日々、保障内容が変更されています。最新の内容を確認してください。

副収入
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム