リサイクルインクを使って、インク代を節約しましょう

詰め替えインク

節約と言えば、インクだけを買う事は節約に繋がります。新品のインクカートリッジを買うよりも「インクだけ」を買うほうが、当然コストは低くなります。
例えば「インクだけ」を補充できるインク補充液が販売されています。このような詰め替えインク製品を使うと、毎回新品のカートリッジに買い替えるよりも安いと言えます。

注意点

なお、自分でインクを補充する際、気をつける点があります。
インクカートリッジの中のスポンジが、いつの間にか劣化してしまう場合があります。例えば、スポンジが乾き切った場合などです。劣化してしまうと、その後、インクを吸い込んで保持できなくなってしまいます。

また、インクを補充する時は、適量を注入する必要があります。もしも量を入れ過ぎてしまうと、他の色と混じったり、インクが漏れてしまったりします。

私の体験談になりますが、以前何度かインクを補充していましたが、やめてしまいました。
その理由は、面倒になったからです。めんどくさがり屋には、詰め替えインク製品は不向きかもしれません。

リサイクルインクのカートリッジ

インクカートリッジプリンターのインクとして、リサイクル品が販売されています。これは正規品の物より価格が安いので、コストの削減に役立つと言えます。
例えばインターネットのショッピングサイトの中には、インクカートリッジやトナーなどのリサイクル品を安価で販売している所があります。

リサイクル品と言っても「カートリッジそのもの」なので、使い勝手は良いです。

それらのほとんどはリサイクルインクですが、純正のリサイクル品という事です。その品質は、良好と聞きます。従来使用していた各プリンターメーカー製の純正インクと同様に、何の問題もなく使えるインクと言えます。
私は1年以上にわたって「リサイクルインクのカートリッジ」を使っていますが、特に問題はありません。年賀状など、普通にカラー印刷できました。

純正のリサイクルインクには、ブラックだけでなくてカラーの物もあります。よって普段カラー印刷している人も、リサイクル品を利用できます。

確認点

ただし、そのようなインクのリサイクル品を買う際、ご自身のプリンターに適合するかどうか、事前に確認しておく必要があります。先程のようなショッピングサイトには、リサイクルインクが「どのプリンターの機種」に適合しているか、掲載されています。購入する前に確認すると良いでしょう。

なおリサイクル品ということより、インクのラベルが不正確な場合があります。ですが多くの場合、中身のインクには問題がないと言うことです。

あと、ある一定の期間(セール期間)、リサイクル品のインクが特別価格にて販売されている場合があります。普段より安く買えて、お得です。しかし在庫がなくなり次第、販売終了となってしまう事が多いようです。

タイトルとURLをコピーしました