医療保険を活用して、治療費を節約しましょう

高額な治療費に対する備え・医療保険

「病気になって入院すると、お金が結構かかる」
 

長期入院した人の中には、このような感想を「お持ちの方」もいると聞きます。

治療方法によっては、保険適用外の治療や薬を用いる可能性もあります。保険が適用されない自己負担の薬は、意外なほど高額と聞きます。薬代だけで、貯金が「どんどん減ってゆく」こともあるそうです。

保険適用外の治療に対しての「備え」として、民間の医療保険に加入しておくという方法があります。

なお、加入する前に保険の保障内容について、しっかり調べておく必要があります。最近では、保険相談をしてくれる代理店もあります。ご自身のライフスタイルに合った民間の医療保険を見つけましょう。

保険適用外の治療を行なう場合

入院中病気の治療は保険が適用される治療や薬のみで行ない、高額な治療費については高額医療費の還付にて「お金」を取り戻したい。

ほとんどの場合そのような考え方で良いですが、病気の進行状態や医師の治療方針によって、保険適用外の治療を行なったほうが良い場合もあるそうです。

「病気に対する備え」と「月々の医療保険料の経済的負担」とを、天秤に掛けることになります。病気に対して大きな不安を持っている方は、民間の医療保険にも入っておくと安心感が得られると思います。

医療保険料の節約も考えましょう

医療保険とは、病気や怪我によって入院や手術をした場合に、給付金が支払われる保険です。
医療保険には、特約型と独立型があります。
特約型では、入院日数に制限があります。独立型では、日帰り入院から保障が受けられるものもあり、人気だそうです。

終身型

医療保険の節約について、お話したいと思います。

定期型より終身型のほうが、保険料は安いです。退職後の保障もあり、病気の可能性が高い老後に備えるためにも、ここでは終身型を「おすすめ」します。
もしも終身型を選ぶ場合、1入院で120日以上の保障内容にすると良いです。

ちなみに終身では、中途解約すると逆に不利になります。途中で見直すことを考えているなら、解約返戻金(かいやく へんれいきん)があるものも検討しましょう。ただし解約返戻金のない保険のほうが、月々の保険料を節約できるでしょう。

特約は必要なものだけ

保険には、様々な特約があります。例えば女性疾病や三大疾病が保障される特約や、通院にも給付金が出る特約などです。
どれも必要な気がしますが、節約のためには必要なものだけにしましょう。全部の特約を付けると、保険料が高くなるからです。

また、ボーナス付きの保険は、その分、保険料が高くなります。注意しましょう。余計なものを付けないほうが、保険料を節約できます。加入前に、よく検討してください。

※保険の契約内容については、最新の情報をご確認ください。

副収入
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム