生活習慣を見直して、加齢臭を抑えましょう

悩みのタネ・加齢臭

男性の加齢臭加齢臭」という言葉に悩まされている「おじさんたち」が、たくさんいるかもしれません。
通勤電車の中や信号待ちをしている時、突然、隣の人がハンカチで鼻や口をふさいだり、ちょっと離れた所から「オヤジくさい」という言葉が聞こえたりします。
そんな時「もしかして、自分の体臭のことかなぁ」と不安に感じてしまう人も多い、と思います。体臭については、自分自身では「なかなか気づかないところ」があります。なので、難しい問題です。

加齢臭の原因

体臭の原因は、色々とあります。例えば、男性のほうが女性に比べて「皮脂の分泌が盛んであること」が、理由の一つとして挙げられています。

その他の理由には、食事の内容が体臭を発生させやすいものである、ということがあります。
近年の食の欧米化によって、動物性脂肪を多く取ること、脂っこい料理を食べることが増えてきました。肉類や乳製品の動物性脂肪は、体の中で酸化して過酸化脂肪となります。これは、体臭を発生させます。
体臭の予防を考えた場合、毎日の食事は、昔の日本で食べられていたような料理が望ましいです。

ちなみに加齢臭の原因となるものは、「ノネナール」という成分が元になっています。つまり、そのノネナールを減らすことによって、加齢臭を防ぐ事が可能になります。

男性のほうが多い

加齢臭が発生する割合としては、男性のほうが女性より多いようです
女性は、体臭を含む自分のニオイに対して関心が高く、ニオイ対策をしていることが多いです。
また、生理があるためにホルモンが分泌されていて、酸化に対しては、男性よりも強い力を持っています。
以上の事が、加齢臭が男性のほうに多く発生する理由として挙げられるでしょう。

ただし女性でも、生理が終わった時、つまり閉経後の場合は、ホルモンの状態が男性と同じようになります。そのため、男性と同じように加齢臭が発生しやすくなると言えます。
実は女性にも、加齢臭が存在しています。男女ともに40歳を過ぎたあたりから、加齢臭の対策をしていくことが必要になってきます。

生活習慣を見直しましょう

「加齢臭という悩み」は、中年の男性に限りません。だらしない生活をしていると、女性や若い人でも、何らかの体臭が発生すると思います。

やはり生活習慣を見直して、改善することが大切です。加齢臭が強くなってしまう原因の一つとして、「生活習慣の乱れ」が考えられるからです。
「お酒の飲み過ぎ」や「タバコの吸い過ぎ」、「過剰なストレス」や「油っぽい物ばかり食べる食生活」などは、加齢臭を強くしてしまう「きっかけ」となるようです。ふと思い出してみると、タバコを吸っている人の息や体臭は、変なニオイだったことが多かったように思います。

自分が気づかないうちに食事などの生活習慣が、体のニオイの原因となっている場合があります。規則正しくて健康的な生活を送るようにして、ニオイに悩まない生活を目指しましょう。いま若い人なら、若いうちから生活習慣を整えておきましょう。そうすれば年を取った時に「クサい」と悩まずに済む、と思います。