上手に転職するために、転職フェアを活用しましょう

人生を楽しくできる可能性がある、転職する事

仕事は、人生の3分の1くらいの時間を費やすものと言えます。よって仕事の時間が「つまらない」と、人生も「つまらない」という事になってしまいます。

もっと楽しくて「やりがいのある仕事」をしたい場合、転職するという方法があります。
ご自身が定年を迎えた時を、想像してみましょう。例えば60歳になった時に、

「つまらない仕事をしただけの人生だった……」
 

このように後悔してしまいそうなら、近いうちに転職する事を検討してみましょう。

ただし転職する際、とても慎重に、そして計画的に行動する必要があります。もしも転職に失敗したら、仕事を失い、収入を失うというリスクがあるからです。

このように転職する事には、リスクがあります。しかし同じくらい、メリットもあります。年収がアップしたり、とても「やりがいのある仕事」に就けたり、労働環境が良い所で働けたりなどです。転職には様々なメリットを得られる可能性があります。

ただし繰り返しになりますが、闇雲に転職しても失敗してしまう可能性があります。
上手に転職するためにも、一般的に提供されている転職情報の活用を「おすすめ」します。例えば転職情報サイトには、実際に転職した人たちの意見や感想が公開されていたりします。参考に読んでみると良いでしょう。

転職フェアの活用

様々な人材関連企業が、転職フェアを主催しています。
その転職フェアの内容は、ほとんどの場合
「フェア会場内に複数社の企業ブースが出展して、来場者と直接対話する
という形式を取っています。

転職を成功させる際、転職フェアに参加する事は「有効な手段」と言えます。

以下に転職フェアに参加するメリットについて、いくつかご紹介したいと思います。
※転職フェアの最新の内容については、その都度ご確認ください。

企業と対等な立場で質問できる事

企業先に訪問して「面接する」場合、「試されている」という感覚になったりして緊張してしまい、聞きたい事も聞けないままということがあるでしょう。
ですが転職フェアなら、企業担当者に気軽に質問できると思います。企業に応募する前に、気になる点をどんどん質問しましょう。

書類上ではハンデがある人でも「人物」をアピールできる事

「経験年数が浅い」などという理由で書類選考に通らない人でも、転職フェアでは、企業担当者に直接会えます。自分の「人物面」をアピールできる機会となります。
企業によっては、経験や技術よりも「誠実さ」「素直さ」「コミュニケーション力」を重視するところがあります。

転職フェアで行なわれる面談は「面接」や「選考」ではありません。しかし、この機会で良い印象を残すことができれば、後日その会社に応募した際、書類選考を通過する確率が高まるかもしれません。

求人広告ではわからない、「企業の雰囲気」を体験できる事

企業ブースに現場の担当者がいる場合、その企業の生の声を聞ける可能性があります。
現場の担当者は、もしかしたら入社後に自分と一緒に働く人かもしれません。
現場の担当者から、「理屈ではない何か」「感覚的な相性の良さ」を感じ取れるかもしれません。

1日の間に、多くの企業を見学できる事

転職フェアの会場には、数十社、多い時には数百社の企業が集まります。なので一箇所で企業の情報を収集できるため、効率が「とても良い」です。

また、偶然に立ち寄った企業ブースが、自分にとって思いがけない「運命的な出会い」となる可能性があります。

キャリアカウンセリングを受講できる事

転職フェアの会場には、求人企業のブースだけでなくて、キャリアコンサルタントに相談できるコーナーが設置されていたりします。
「職務経歴書の書き方」や「面接対策」という転職ノウハウを、教えてもらえます。

転職を検討しましょう

転職フェアに参加した人の中には、

「色んな企業担当者と話すことで、自分の考え方や進路が明確になってきた」
 

面接を受ける転職希望者という感想を持った人がいたそうです。
転職フェアは、自己分析することにも活用できそうです。

また、転職を考えている人たちが、一箇所にたくさん集まっています。その人たちの姿を見ると、転職に対するモチベーションがアップするでしょう。

もっと満足できる仕事を見つけるために、転職を検討してください。



タイトルとURLをコピーしました