関節痛がひどいなら、医師に治療してもらいましょう

関節痛

関節いつまでも、ずっと健康で楽しく暮らしたい。

多くの人が、そう願っているでしょう。健康維持のために、ウォーキングやジョギングなどの運動を行なっている方も多い、と思います。

ですが、無理をしたり間違った「やり方」をしたりして、腰や膝(ひざ)などの関節を、痛めてしまった方もいると思います。
このような症状を、関節痛と言います。よくある関節痛は、肩・腰・膝の部位だと言われています。

ヒアルロン酸を注射する治療

ヒアルロン酸と言ったら、美容液やサプリメントでよく使われている成分です。美容に関心の高い人なら、すでにご存知の成分だと思います。ゼリー状の成分であり、肌の「潤い」や「ハリ」を保つのに有効と言われている成分です。

美容に関係があると思われがちなヒアルロン酸は、関節痛とも関係があると言われています。
実は関節液の中に、ヒアルロン酸が多く含まれているからです。関節痛は関節の軟骨が減って、関節液が減少するために発病する病気です。関節液とヒアルロン酸が関係ある事より、関節痛とも関係があります。

実際に医療の分野では、ヒアルロン酸の関節内注射が行なわれています。整形外科では、

変形性膝関節症・関節リウマチ・肩関節周囲炎の関節痛治療として、ヒアルロン酸が使用されています。

ヒアルロン酸を注射することによって、関節内のヒアルロン酸を増やして、「痛み」と「炎症」の軽減を行ないます。

もしも関節痛に悩んでいるなら、医師とカウンセリングをした上でヒアルロン酸の関節内注射という治療法を選択しても良い、と思います。

関節液を抜き取る治療

もしも日常生活に不都合をきたすほど膝が痛い場合は、すぐに医者に診てもらいましょう。
膝関節痛にまつわる話で、医者の治療によって

「膝に溜まった水を抜いてもらった」
 
医師

医師の診察を受けましょう

なんていう話を聞いたりします。

ここで言っている水とは、関節液のことです。膝関節痛の症状が悪化していくと、関節液が膝にどんどん溜まっていきます

いったん溜まった関節液は、自然に体内に吸収される事はありません。よって、膝に不快感や圧迫感を感じるようになります。そしてそのうち炎症を起こして、「痛み」が出てきて、歩く際にも痛かったりします。

膝の関節液を抜き取るかどうかは、医師の判断によります。自然になくなることはないので、関節液を抜き取ってしまうという処置は現実的な治療と言えます。

ちなみに関節液を抜き取ったら、それで完治する訳ではありません。関節の炎症そのものを治す必要があります。関節の炎症が完治すれば、関節液が膝に溜まることもなくなります。

人工関節置換手術

関節痛に悩んでいる方は、結構多いようです。長年、関節痛を患っている方は日常生活でも不便なことが多くて、とても困っていると聞きます。そのような方の中には、きちんと医師の治療を受けているのに完治しない方もいるそうです。

そんな「なかなか治らない関節痛」の治療法として、思い切った方法があります。
人工関節置換手術と呼ばれている方法です。これは治らない関節を取り除き、人工関節を体の中に入れる手術になります。

人工関節の材料は、金属やセラミック、プラスチックなどだそうです。人工関節を適用できる体の部位は、ほとんどの関節において適用可能だそうです。

なお人工関節には、寿命があると言われています。その耐久性は15年から20年くらいだそうです(2007年当時)。
もしも年齢が若い時に「この手術」を受けたなら、もう一度同様の手術を受ける必要があるかもしれません。

また、体重が重すぎる、つまり太り過ぎている人は人工関節の劣化が進みやすいそうです。関節の劣化を防ぐためにも、手術後に肥満になってはいけません。

関節痛を治す一つの手段

関節の骨を人工の物と取り替える手術なので、入院することになります。手術後では、リハビリもやらなければなりません。なので本人そして家族たちが十分に相談した上で、手術を決めることになるでしょう。

ちなみに手術の料金は、高額と言えます。なので人工関節置換手術を受ける場合、高額療養費制度を利用することになるでしょう。病院のスタッフなら、この制度のことをよく知っていると思います。なので、相談してください。

これからの人生において、ひどい関節痛で悩み続けるのはツラいと言えます。その「悩み」を解決する一つの手段として、人工関節置換手術があります。検討してみると良いでしょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム