潤いある肌にするために、化粧水を使いましょう

潤いある肌を保つため、化粧水を使いましょう

肌の表面には、角質層という「肌の水分を逃がさないようにする働き」を持っている部分があります。その角質層には、「皮脂」「天然保湿因子」「細胞間脂質」という3つの潤い成分があります。

しかしこれらの潤い成分は、年齢と共に少なくなってゆきます。さらに紫外線などによって肌が乾燥してしまうと、この成分がうまく働かなくなります。よって、乾燥した状態が続いてしまいます。

そんな時、例えば乳液や化粧水を使い続けることにより、肌を整えて「上質な角質層」を保てます。肌そのもののクオリティを高めて、「肌の潤い」を保ち続けられるでしょう。
なお、化粧品を使う時は、自分に合った化粧品を正しい使用方法で使うことが大切です。そうすることより、今よりも良い状態の肌に改善できる可能性があります。

化粧水の付け方

効果的な化粧水の付け方について、ご紹介したいと思います。

化粧水まず洗顔後、すぐに化粧水を付けることを心掛けましょう。顔を洗ったら化粧水だけでも、すぐに付けておきます。

洗顔後、化粧水の肌への浸透率は、どんどん少なくなっていきます。なので出来るだけ早めに付けるようにしましょう。
特に冬場などの乾燥しやすい時期は、早めに付けてください。

化粧水の量については、「ちょっと多いかな」と思うくらいが良いです。
化粧水の主な役割は、水分補給です。なので化粧水を付ける際、その量がポイントとなります。もったいないからという理由で量を少なくすると、肌に十分に行き渡らず、化粧水の効果を発揮できません。多いかな?と感じるくらいに、たっぷり付けるようにしましょう。
目安としては化粧水を付けた後、手が肌に吸い付く程度です。もしも肌がべたべたしていたら、付け過ぎです。

ところで油分の多いクリームも付ける場合、付け過ぎるとニキビの原因になってしまいます。美肌目的で油分の多いクリームを付けるなら、乾燥している場所だけにクリームを付けて、油分の補給をするほうが良いです。

パッティング

化粧水をパッティングすると、肌を冷やす「クーリング効果」があります。よって「ほてり」を抑えられて毛穴も閉まります。
ただしパッティングのしすぎは、お肌には良くないです。なので出来るだけ優しく、肌を押さえるような感じでパッティングするようにしましょう。

ちなみに朝の時間帯に水でパッティングすると、皮脂分泌が抑制されます。そうなると、お化粧が「くずれにくい」という利点があります。
化粧水を使って顔のパッティングが終わったら、首や手にも付けておきましょう。そのような細かな部分に対してお手入れすることは、「若々しさ」を保つ秘訣と言えます。

日本酒入りの化粧水

女性たちが化粧水に求めることは、保湿の効果、つまり潤いのある肌を手に入れることでしょう。この点において、

日本酒を使った化粧水は有効と言えます。

日本酒には、オリザブランという成分が含まれていて、この成分が保湿に優れています。水分の蒸発を防いでくれるからです。

このような日本酒入りの化粧品は市販されていますが、自分で作ることもできます。
以下に「ビタミンE入り日本酒 & 酢ローションの化粧水」について、作り方を書きます。

作り方

材料

  • 日本酒……30cc。
  • 酢……2cc。
  • 水……30cc。
  • グリセリン小さじ……2杯。
  • ビタミンEのカプセル……5粒。

手順

  1. 日本酒の中に、酢を入れます。さらに水を加えます。
  2. (1)に、グリセリンを入れます。肌の乾燥の状態に合わせて、グリセリンの量を変えても良いです。
  3. ビタミンカプセルの中身を取り出して、加えます。ビタミンの量も、肌の乾燥の状態に合わせて調節しても良いです。

これで出来上がりです。

水を加えたことによって、アルコールの刺激に弱い人でも使用できるでしょう。
使用期間の目安は、10日ほどで使い切るようにしてください。
より効果をアップさせるには、この化粧水を「手のひら」に付けてマッサージすると良いです。