自分の肌に合わないなら、良質な化粧品を使いましょう

肌に合わない化粧品

肌が荒れてしまった時、化粧品を使って改善しようとしたり、メイクによって目立たないように隠したりするかもしれません。しかしそうすることによって、さらに「肌荒れ」を招くことも多いそうです。

「肌荒れ」の原因には色々な事がありますが、もしも化粧品のせいで肌荒れになっているのかも?と感じた際は、すぐにその化粧品の使用を中止しましょう。そのまま使い続けることで、症状がさらに悪化することがあるからです。

肌に付けたら染みる化粧水は自分の肌に合っていないと判断して、使うのをやめましょう。

紫外線を予防するスキンケアでは、刺激の強い日焼け止めクリームをなるべく使わないようにしましょう。パウダーファンデーションを使うようにしましょう。

クレンジングについては、肌に優しいと言われているクリームタイプや乳液タイプ、水性ジェルタイプを使いましょう。
普段の「メイク落とし」に、オイルクレンジングや油性ジェル、ショートタイプのクレンジングを使っていると、肌が荒れて「乾燥肌になる恐れ」があります。これらは、強いメイクを落とすために使用する物だからです。

出来ることなら、肌荒れした時に使っていた化粧品について、その成分を記録しておきましょう。例えば、化粧品の成分が書かれているパッケージを保存しておくと良いでしょう。
「肌荒れ」が起きた化粧品において共通の成分があったら、その成分が「肌荒れ」の原因である可能性があります。次回新しい化粧品を買う際、その成分がない物を選びましょう。

良い化粧品を使いましょう

化粧水でスキンケアしている女性「肌荒れ」を防ぐには、まずは肌を清潔に保ちましょう。そんなに大げさな事をする必要はありません。日常生活の中の「ちょっとした事」が、「肌荒れ」を予防して美肌を作ってくれます。

そして良い化粧品を選んで、普段から肌をケアしましょう。無理せずに、出来る事を続けてください。

また、簡単な運動をして体の血流を良くすることも、スキンケアの効果があります。仕事の合間にストレッチをする、自宅でダンベル体操をするなど、ちょっとした運動で良いです。

これらの「小さな積み重ね」が、最終的に美肌の基礎となります。