脇のニオイを抑えるために、制汗剤を使いましょう

気になる人が多い「脇のニオイ」

「体臭の悩み」は季節からの影響を受けやすい、と言われたりします。例えば夏は、暑くて汗をかきやすいです。なので、汗臭くなりやすい季節と言えます。よって夏は、ご自身の体のニオイに悩みやすい季節と言えるでしょう。

女性の脇汗のニオイが気になるという人は多くいます。特に女性に多いと聞きます。例えば、脇汗のニオイを嫌う女性が多いようです。
脇の下は、どんな人でもニオイがある場所と言えます。なので少々臭う程度なら特に問題ない、と言えます。
ただし脇のニオイについては、自分だけではなくて他の人が気にするニオイと言われています。つまり自分さえ我慢すれば良い、というニオイではありません。脇のニオイは、他の人を不愉快にさせやすい体臭と言えます。

脇のニオイを抑える制汗剤

脇の下のニオイが気になる方は、何らかのニオイ対策を行なう必要があります。よく行なわれている対策として、市販の制汗剤を使ってニオイを抑えるという対策があります。

脇汗のニオイを消したい場合、もしかしたら「香水だけでニオイを消そう」なんて考えるかもしれません。ですが逆に「香水」と「脇のニオイ」が混ざって、悪臭となります。
なのでこんな時は、やはり制汗剤を使いましょう。そうすれば、ニオイが無臭に近づきます。

もしも、まめに汗を拭くことができるなら、シートタイプのデオドラント製品も便利です。しかし外出していることが多くて、まめに脇の汗を拭けないなら、制汗剤を使うほうが便利です。例えば、クリームタイプの制汗剤を使うと良いです。消臭効果が長く続くタイプの製品だからです。

なお、制汗剤を塗った人の中には、そのニオイが気になるという人もいるようです。体臭を抑えるために塗った制汗剤のニオイが不快だったら、本末転倒と言えます。
一般的に制汗剤は、乾いたらニオイがしなくなります。一刻も早く制汗剤のニオイを消したい場合は、塗った部分にドライヤーを当てて早く乾かしてみましょう。

制汗剤の選び方

なお制汗剤を選ぶ際、脇の下のニオイが汗によるものなのか、それともワキガによるものなのか、それらを考慮して選ぶ必要があります。

多汗よるニオイを消臭したい場合は、制汗作用を期待できる制汗剤を選ぶと良いです。制汗作用を期待できる成分には、アルミニウム塩やパラフェノールスルホン酸亜鉛などがあります。大量の汗を拭き取る際は、シートタイプの制汗剤を用いると良いです。
ワキガによるニオイを消臭したい場合は、殺菌作用が強い制汗剤を選ぶと良いでしょう。

なお、制汗剤の利用は必要最低限にしましょう。下着を交換する(消臭効果を期待できる下着を着るようにする)、お風呂に入る、シャワーを浴びるなどして、体についた「汗や汚れ」を洗い流して、体を清潔に保つようにしましょう。多汗やワキガの症状がひどい場合は、専門医に相談する事も検討してください。

石鹸タイプの制汗剤

普段から一般的なボディーソープを使っているなら、それを石鹸タイプの制汗剤に替えても良いです。

その石鹸には、消臭効果を期待できる成分が含まれていると思います。よくある成分としては、重曹やミョウバンがあります。これらの成分は消臭対策において、よく使われている成分です。
あと最近では、銀(Ag)という成分をよく見かけます。特に純度の高い銀は殺菌効果が高い、と言われています。よって、ニオイの元となる雑菌を抑えてくれるでしょう。

なお、消臭目的の石鹸には保湿成分が含まれていないことが多い、と聞きます。なぜなら消臭対策が主な目的だからです。保湿効果つまり美容の効果は、あんまり期待できません。肌に潤いが欲しい方や肌が弱い方は、消臭目的の石鹸を使う際は注意して使ってください。

消臭効果があるミョウバン

以前から食品のミョウバンには消臭の効果がある、と言われていました。

スーパーに行くと普通に売られている、あのミョウバンです。もしもこれで臭い消し対策ができるなら、便利だと思います。

消臭対策でミョウバンを使う場合、水に溶かしてミョウバン水を作り、その水を用いて消臭対策をする「やり方」があります。スプレーを用いて、ミョウバン水をニオイが気になる部分に振りかけたりします。または、コットンにミョウバン水を付けて汗を拭いたりします。

ミョウバン水によって、肌の表面が酸性になります。肌が酸性になると雑菌の繁殖を防ぐことになり、雑菌が原因の嫌なニオイも防ぐことになります。
また、汗のニオイと関係があるアンモニア成分の中和にも役立ちます。アンモニアはアルカリ性ですが、酸性のミョウバン水と混ざることで中和されます。汗が中和されると、汗のニオイが軽減されます。

以上より、食品のミョウバンはデオドラント剤として利用できる物だと思います。手軽に入手できて安価な物なので、消臭剤として活用することを検討してみましょう。

ボディケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム