「肌荒れ」を防ぐため、洗顔料を洗い流しましょう

「肌荒れ」の原因

様々な肌トラブルがありますが、その多くは「汚れ」に対する対処の仕方に原因があるようです。

スキンケアでは、どのようにして「適切に汚れを落とすか?」という点が大切です。しかし、この「適切に」という部分が、なかなか難しいです。
例えばメイクが濃いと、「メイク落とし」と「洗顔料」のダブル洗顔をするかもしれません。だけど、下地クリームにファンデーションくらいなら、洗顔料だけで十分に落とせると思います。

洗顔の目的は、ホコリや雑菌、余分な皮脂や古い角質などを洗い、清潔な肌に戻すためにします。「肌荒れ」の症状を改善するためには、肌を清潔な状態に保つことが大切と言えます。

でも「洗顔料」や「メイク落とし」を使い過ぎたりすることは、「肌荒れ」の原因となってしまいます。「洗顔料の使い過ぎ」は余分な皮脂だけでなくて、必要な皮脂も落としてしまいます。なので皮膚を傷めて、「肌荒れ」の原因となります。

また、「洗顔料の洗い残し」も肌に悪いです。たっぷり使うと洗い残してしまい、アレルギーの原因となる可能性があります。

洗顔料を洗い流す事

洗顔

「洗顔」や「メイク落とし」で洗顔料を使う際は、使用する量を控えめにします。使った後では、「よく洗い落す事」が大切です
あと、メイクが不要になった時点で、出来るだけ早めにメイクを落とすようにしましょう。

ゴシゴシ洗顔すると皮膚を傷つけやすいです。なので泡立てた細かい泡で、「汚れ」を落とすようにしていきます。
洗い流す時は、洗顔料が残ったり雑菌が残ったりしないように、しっかりと流して下さい。

以下に、洗顔のポイントを書きます。

  • 洗顔料については、出来るだけ刺激の少ない物(低刺激の洗顔料)を使いましょう。
  • よく泡立てることが大切です。泡で顔を包み込み、泡で洗うようにします。
  • すすぎをする際は、ぬるま湯でしっかりとします。「すすぎ残し」は、肌トラブルの原因になるからです。

あと、洗顔後に保湿することが重要と言われています。洗浄料は「肌に不要な汚れ」を落としてくれますが、同時に「肌に必要な潤い」も取り除いてしまうからです。
よって「肌の潤いを保つこと」、つまり保湿することが必要です。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム